キーワード出現率
ブルームーン エッセイ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  540

のろけ?

最近のブームは彼氏の家の近所の図書館で、彼氏のカードを使って本を借りてくることだったりする。
元々本にかけていたお金がかなりだったので、それだけでも月に1万円程度の節約になっている自分に驚く。
それはさておき、タイトルの通りの惚気をほんの少し披露してみようと思う。

先日、いつも通り図書館で借りてきた本を読んでいた。
その本はとあるエッセイで、その作者の結婚式について書かれたものだった。
ドレスは森英恵デザインのもので、お金をかけたこだわりのパーティという感じで、セレブな世界に陶酔しながら読んでいたのであった。
そのつど雪は「いいなぁー」「素敵~」と隣にいた彼氏に聞かせてやろうとあえて声に出して読んでいたのだが……
如何せん、何の反応もない。
これだけアピールしているのだから、「何がいいの?」とか「何か素敵なことが書いてあったの?」くらい尋ねてくれてもよさそうなものだが、相手は無視。徹底的に乗ってこない。
そんな様に、苛っとして頬を膨らませてみるが「何? どーしたの?」とのんきな声。
それがまた雪を苛っとさせる。
腹は立つが、彼氏がもう寝るというので、電気を消して消灯体制に入った。
イライラはしていても仕事に支障をきたすわけにはいかない。
しかし、電気を消すと、ふと今日の晩御飯を思い出した。
炊飯器に残っているご飯が半合程度。
このまま明日まで放っておくと間違いなくカピカピのお米を作ってしまう素敵な炊飯器なので、仕方がなくベッドから起き上がり、おにぎりを作るためにのろのろと動き出す。
暗闇の中、台所の電気だけをつけて、爆弾おにぎりを作成。
10分程度で作り終えて、ベッドへと返ると、何やら彼氏の体勢がおかしい。
「何してるの?」と尋ねても「いやぁー」と濁すばかり。
先ほどのイライラも重なり、「何なん!?」とキレ気味で聞くと、それでも返事を濁して、人のカバンの上に本を投げる。
「ちょっと!!!」
とげのある声で、彼氏の投げた本を見ると……ん???
何故か先ほどまで雪が読んでいたエッセイである。
一体何……?
「……」
バツが悪そうに壁際を向き、寝たふりをする彼氏を後ろから揺さぶると、しぶしぶと話し始める。
「いいなぁーってさっきから何回も言ってたから聞かせたいんやろうなぁーと思ったんやけど、素敵なものとか素敵なセリフがのってるなら、こっそり読んで今度雪にプレゼントしようかと……」
照れくさそうに話す様子に、惚れた弱みか、ノックアウト。
だが、そこは素直でない雪なので、「結婚式の話だから、何にもプレゼントとかできないし!」と可愛くない感じで突き放してみた。
その時の頬が緩みっぱなしだったのは、自分だけが知っている闇の中の真実である。




スポンサーサイト
別窓 | エッセイ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  526

イベントコンパニオン

「元イベントコンパニオンです。といっても小さな事務所の小さなイベントですが……」
こう話すと、昔は「あーそんな感じ」と初対面の人から言われていた。
最近はそんな空気もなくなり、残ったのは理系女子という肩書だけ。
服装は年齢とともに落ち着いて、彼氏の横に並んでもおかしくないように少し地味めなナチュラルテイストに変えていた。
最近になって、少し気分が落ち込んでいるときにバイト時代のあこがれの係長にあった。
「小米さん、前々からイベコンの女の子の中では地味な方だったけど、輪をかけて地味になったね」
それはそれは悔しくて、もう苦笑いしか出てこなかった。
「落ち着いたって言ってください」
と言ってみても、
「落ち着いたというか、男性を振り返らせることをあきらめたって感じがする。女性は永遠に花なんだから、きれいでいるのは義務だよ。今の服、季節感もずれてきてるし、全く肌を出さない分スタイルも気にしてないでしょ? 落としたい女がいると男はお金を使う。きれいになりたい女の子もお金をかける。女性が綺麗でいることは不景気を脱却するためにも必要なことなんだよ」
と笑って返された。
後半はともかく、前半は大当たりでアニメのようにガーンと頭に響いてしまった。
ミニスカートをはいても分厚いタイツ。
おしゃれより防寒優先。
しかもブーツで半分以上を隠してしまった足。
髪の毛も肩までバッサリいってしまったのでバリエーションは少ない。
暖かくなってきているのに、ついていけていない服装はまんま冬服でしかなかった。
ふとアパレルの店員さんを見て恥ずかしくなった。
いつしか似たような洋服ばかり買うようになっていた。
下着にも気を配っていなかった。
お化粧用品も適当になって、髪型も同じ。
疲れてきている自分に気が付いていながら、いろんなことに無頓着だった。
イベコン時代、モデルのような女の子に囲まれていた。戦うことすら無謀な彼女たちを前に思っていたことがある。
「誰よりも綺麗になることは難しい。でも、誰よりも綺麗でいようと思う気持ちは自分の意志で何とかなる」
猫背を直し、肩を体の中心に。あごは引くけど、目線は上に。かかとの低い靴はやめて、カツカツカツと小刻みにリズムを刻んでヒールをはきこなす。
足が痛くても、冬が寒くても、彼氏に振られそうでも、そんな自分でありたい。
神様は不公平だと嘆いているより、与えらえたものに感謝して、自分の武器は最大限に使う。
そんな自分を思い出した。
久々のショートパンツにエナメルのヒール。シャーベットカラーの薄手のセーターを取り入れて、リズムを刻む。
出会いがしらに眺める男性の視線を、余裕の笑みで流す。
大学で後輩に言われる。
「小米さん、今日はどうしたんですか? すごく春らしいですね! 私なんてまだ冬服ですよー」
私はにっと笑いながら返す。
「ダメだよ。季節感を感じさせるのは若い女性の義務なんだから」


別窓 | エッセイ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  521

ダメンズライカー

大学時代、よくこの単語を使った気がする。
『ダメンズライカー』
ダメ男好きの女性のことを指す意味である。
自分はこれだと大学時代に友達と笑ったものである。
だが、最近気が付いたことがある。
自分は「ダメンズライカー」ではなく「ダメンズメイカー」であると。
男性に求めることが割りに少なく、それこそ、癒しと寂しさに加えるならば私が彼を好きであるという事実さえあれば十分なのだ。
ものもお金も何にも要らない。そう思って過ごしてきた。
幼恋であると自覚している。それでも、幼恋だから一生懸命になれるのかも知れない。
唯、男性に期待していない訳ではない。母親のように一から十まで全てをしてしまう雪であるから、いつかは私の大切さに気がついて、その人がどんな凄い人になろうとも、私無しでは居られなくなればいいとひっそり思っていたりする(笑)
それなのに、寂しいことに大抵の人はそこに甘えるのか、連絡は無くなり、イベントも無くなり、日常すら何時でも手に入るものになる。
そうなると最終的に、私の存在意義もなくなる気がするのだ。
別れようと言えば泣きつかれた。
「お前が居ないと駄目」「一生一緒にいてほしい」そんな言葉も山ほど聞いたし、焦った男性の婚約指輪も見せられた。
望んでいた結末のようにも見えるのだが、彼らが求めているのは楽な日常であって私じゃないのが目に見えて、結局疲れてしまう。
彼らが大切にしたいのは楽な日常に住んでいる自分であって私じゃないのだ。
きっと、そんな男性を生みだしているのは私なんだと最近思い始めた。
今の彼氏にしても、一般的にみればマメで、器用で(器用貧乏だが^^;)、仕事も出来て、頭の回転が速い……雪からしてみれば勿体無いような彼氏である。
それなりにモテるし、雪でなくても彼女が欲しいなら出来るだろうと思う。
してほしいことがあればしてくれるだろう。
でも、私は強くは望まなかった。
行きたいと思っても、行けたらいいなくらいしか言わなかったし、止めとこうと言われれば従った。
欲しいと思っても、高いしいいよと言ってきたし、おごってあげると言われても素直にうなずけなかった。
そんな自分が、今の彼を作ったのだろう。
待ち合わせに何時間でも待たせていい彼女。
見下してる、と腹を立ててみても、そうしてもいいと言ったのは私だったことにふと気が付く。
彼は変わった。そう呟くテレビの中の女性を見て、変えたのは自分だと、我を重ねる。
きっと、他の女性と付き合っていたら、彼はいい男のまま居られたのだろう。
そう思うと、なんとも言えない気分になる。
だが、今はこの依存をもう少し続けて行きたいと思う。
いい女になりたければ、いい男を育てたければ、ここで叱れる女性にならなければいけないのだ。
彼の為ではなく、自分の為に、もう少し成長するチャンスが欲しいと思った、今日この頃。
……頑張ってみます。

別窓 | エッセイ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  520

人を待つこと

産婦人科に関わる職業についていると、考えることがある。
ふっと誰かに1時間待たされた日の午後。母親はすごいなぁーと。
母は子どもを40週待ち続けるのだ。
よくカウンセラーがカウンセリングで言う言葉がある。
先天性疾患の子の母親に対して、本来なら流産してしまっていたかも知れない命に対して、私たちはいつも「ご両親や周りのみんなに会うために生まれてきてくれたんですよ。産まれてこれない子も沢山いるけど、この子は会いに来てくれたんですよ」とそう話す。
本当にそうだと思う。
母は子を40週待ち、子は母に会うために40週戦う。
そう思うと命というものがとてつもなく愛おしい。
私は誰かを40週も待つことなんてとても出来ない。
それも身体はだるいし、重いし、食べたいものも食べられない、そんな苦痛な状況を楽しみながら待つなんて、なんて凄いことなんだろう。
親子の愛が無償なのは当たり前のようにすら思えてくる。

そんなに生命の神秘を感じ、生命の強さに驚き、感動しているにも関わらず、彼氏の2~3時間の遅刻はどーしても許せません。
と言うか、母親じゃねーし。。。

要はこれが言いたかっただけなんですが、日頃相手のお母さんにかてないなぁーと思うことがあるのですが、そもそも生んだ人に勝とうなんておこがましい感情なんでしょうね。

私はいつか誰かの親になるんでしょうか。
きっと大変なんだろうなぁーと漠然と思ってる段階では、小児科で働くことは出来ないと思う今日この頃です。

別窓 | エッセイ | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  517

A HAPPY NEW YEAR

tatu.jpg

とあるサイトさんから下絵をパクって自分でなぞって色塗りした辰さんです(おいっ!)
修士論文の所為で大みそかの掃除すらしておらず、2011年と2012年が入り組んだ部屋で過ごすお正月でしたが、今年一年の皆様の幸せをお祈りいたします。
小米雪

ちなみに、年賀状イラストも今年はこれでした(笑)
12月31日に投函したので、いつお友達の手元につくかは謎です。


別窓 | エッセイ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ブルームーン | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。