キーワード出現率
ブルームーン 短編小説

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  510

赤鼻のトナカイ

真っ赤なお鼻のトナカイさん。
皆に笑いものにされているトナカイさん。
そんなトナカイが、サンタクロースの一言でどれほど救われたのだろう……。

カチャカチャカチャ 
規則正しくキーボードを叩く音が室内に響く。オフィスの中には無駄口をたたく者は四半世紀前に絶滅した。
前社長の汚職問題が取り上げられ、我が社の経営が傾き、そこからはリストラの嵐。
日々、自身の保身を図るために皆が無言で与えられた仕事をこなした。
それでも経営状態は改善されたとは言い難く、社内にはいつも張りつめた空気が流れていた。
私も自分の仕事に没頭する。誰でも出来る、私じゃなくてもいい仕事に。
一般事務職のOLは若い方が良い。誰でもいい仕事なんだから若いに越したことはない。
そんな空気を読み取ってか、今や殆どの事務職が若い派遣社員で賄われている。
彼女たちが纏うきらびやかな空気に自分にはない魅力を感じ取り、時折むなしくなる。
頭が良いわけでも、容姿がずば抜けていいわけでもない私にとって、美しいと言うだけで一つの脅威になるには十分だ。

――○○さんの仕事には穴がある。きちんと手直しをしてから提出
――△△さんはいつも期日を守らない。今月末までの仕事の提出期限をもう一度確認しておくこと
そんな美しいオフィスの花の後始末を気がつけば自分がやることになっていて、私の頭の中の予定表には無駄なものが書き込まれていく。
ふと思う。私の後始末は誰がしてくれるんだろう……。

○○さんは若いけど一児のママ。仕事が出来ない訳ではないが、なんせよく休む。穴埋めは私。
△△さんは彼との結婚が秒読み。仕事に手を抜いているのがありありと分かる。手直しは私。
どうして、補償のある――誰かに守ってもらえる人を私が守らなければいけないのだろう。

むなしくなる考えを頭から振り払いながら思う。
私は私。
唯、私は私と言ったところで、そう思ってるのは自分だけだということは明らかだった。
私が居なくなっても会社は何ら困らないだろう。だって、会社が困らないようにきちんと仕事をしているから。
でも、それは誰も評価してくれない……。
カチャカチャカチャ カチャカチャカチャ
「どうしたの?」
驚いたような声に顔をあげると、チーフがこちらを覗きこんでいた。自分より少し年上のその女性は、憧れでもあり恐怖の対象でもあった。
「いえ……それより何か?」
そっけない返事を返し、要件を尋ねる。
「何かって……だって泣いてるわよ?」
「はっ?」
チーフの言葉に驚き、自分の目元を触る。確かに気がつけば涙が流れていたらしい。
「何かあった? ちょうどお昼だし一緒に行こうか」
チーフの提案に断る理由は無かったが、何があったのかは自分でもあまり分からない。
強いて言うなら、むなしくなったのだ。
「ちょっと待ってて、財布取ってくるから」
そう言ってチーフは私の元を離れかけたが、「あっ」と声をあげ立ち止った。
「何か?」
そう尋ねる私に、チーフは柔らかく微笑むと、
「この間の書類凄く良く出来てた。ほら、あの見積書。ああいうのって誰でもいいと思われてるけど性格出るのよね。本当、あなたに頼むと丁寧で細かいところまで気遣ってくれてるから助かっちゃうの。ここだけの話、他の人だとなんかしっくりこないのよね」
と言ってくれた。
――肩の力が抜ける。今の言葉は何の魔法だったんだろう。
今度は自分でもはっきりと分かるほど涙が流れた。
「えっ!? ごめんね、私何か言った!?」
チーフは泣きだした私を見て慌てふためく。私は無言で首を振りながら微笑む。
「と、取りあえず、お昼! 今度こそお財布取ってくるから! 話はあとでね!」
小走りで私のディスクを離れるチーフに心の中で御礼を言う。

私で無ければ駄目。私の仕事がある。
誰かにずっとそう言って欲しかった……。
誰でもいいじゃなくて、私がいいと。

取りあえず、涙をハンカチで拭い、お財布とポーチを持った。
折角褒めてもらえたのに、オフィスで無くなんてプロのOL失格だ……。
力の抜けた肩をくるりと回し、今日のお昼はチーフが好きな中華と考えながら、立ちあがった。

多分、サンタクロースに認められた赤鼻のトナカイも同じような気持ちだったのだろう。
窓から見えるクリスマスムードに私は鼻歌を口ずさんだ。




スポンサーサイト
別窓 | 短編小説 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  479

出発の時3

出発の時3

「そうね、私は幸せなのね……」
私はそう言うと口をつぐんだ。自分はこれほどの恩恵を受けていながら、私はまだ自分の幸せのために悩んでいる。
――お腹の中の命をどうするかどうか。
なんて身勝手な人間なのだろう。そう思うと心底自分が嫌になった。
「……僕がお姉ちゃんの子どもなら幸せになれるかな?」
彼はまたしても不思議なことを言った。
私は少し考える。確かに、命を産み育てるということは並大抵のことではないだろう。
そして、その大変さを考えた時、目に見えない胎児であれば、なかったことにしてしまうのはある意味簡単なのかも知れない。
だが、目の前の男の子なら……?
私にこの子をいらないからと殺せるか。答えは否。
凄く複雑だった。二つの命は両方とも目の前にあるものなのに、一つは地上に出てくることすら悩まれなければならない。
私のお腹の中には目の前にいる少年と同じ生き物がいるのだ。
私はその時初めてそのことに気がついた気がした。
「あなたは幸せ?」
私は彼に尋ねた。
「……分からない」
彼は小さく答えた。
私は「そう」とだけ言って空を見た。不思議だ。彼と話しているほんの数時間で私の気持ちは格段に変化していた。
どうやってなかったものにしようかと考えていた命なのに、今はどうすれば守れるのかと言う感情が浮かんでいた。
母親も父親もきっと私を叱るだろう。なんだかんだで世間体にはうるさい両親だ。それでも、私はそんな両親に守ってもらったからここまで来れた。私もこの子を守らなければならないのだ。それが、私自身の人生に対する責任であり、命に対する責任なのだ。
「お姉ちゃん、もう子どもではいられないみたい」
私は彼にそう言う。
「お姉ちゃんは、大人でしょ? 変なの」
彼は不思議そうにそう答えた。
そう。私は大人にならなければいけない。行動と責任をきちんと見据えた大人に。
唯、最後に一つだけ。若気の至りと言われてもいい。この命を守るために駄々をこねてやろう。賽は投げられた。


「お母さん! 早くしてよ!」
娘の声が聞こえた。
懐かしい夢を見ていた気がする。あれから十年程経った。親に半ば勘当された形で家を飛び出し、住み込みで働きながら何とか生きてきた。正直、後悔がないかと尋ねられたら返事をためらってしまう。だが、何度同じ選択を迫られてもきっと同じ答えを選んでいたのだろうと思う。
この子を産まなければよかったと思ったことは一度もない。
毎晩の夜泣きに近所からの苦情、外せない用事の時限って駄々をこねたり熱を出した。
この野郎と思ったことは何度もあるが、それでも自分に対して100%の信頼を寄せている弱々しい娘を心底愛おしいと思った。
……あの男の子は一体誰だったのだろう。それは今でも分からない。
若かった自分は勝手にファンタジーを描いて、「あの男の子は自分の子で、産まれる前に会いに来てくれたんだ!」と思ったこともあった。その所為か、何ヶ月目かの検診でお腹の中の赤ちゃんが女の子だと分かった時は拍子抜けしてしまった。
「お父さんも遅刻するから起きて!」
娘が主人を叩いている。小学校で覚えてくるのか言葉が日々達者になっているのが分かる。
娘を保育園に預けられる時期になって、正社員で働ける仕事を探した。その職場に営業で来ていた主人と出会って結婚したのが3年ほど前の話だ。
ふと身に覚えのある倦怠感と、カレンダーをみて思うことがある。
「今度はあの子に会えるかな」
私はポツリと呟いた。
その言葉に不思議そうな顔をする主人と娘に、
「もしかしたら今日の夜ビックニュースがあるかも」
とだけ伝えると、私は鼻歌を歌いながら朝ごはんの用意をする。
まだ鳴りもしない心音がお腹から聞こえる気がして、私は何時もよりネギを刻む手を速めた。

別窓 | 短編小説 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  478

出発の時2

出発の時2

「どうしてもお腹の中にいたくて、お腹の中でぎりぎりまで粘っても、出なきゃいけないときは出なきゃいけないみたい」
彼は少し悲しそうにそういった。私は彼の言葉が胸に一つずつ溜まっては苦しくなるのを感じていた。
「病気ってやだなぁー。お母さんとも離されちゃうんだもん。でもね、もっと嫌なこともあるの」
彼は空を見て話していた。この子は病気なのかしら。見たところ元気そうだけど……
「病気になるとお母さんと離されるの? お母さん看病してくれないの?」
私はそう尋ねた。
「どうしても治せないものもあるから、そういう時は神様が連れ戻してくれるんだって。その時が来たらまたお母さんのとこいけるようにって」
「そう、なんだ……」
その言葉に何故かゾクッとした恐怖を感じた。
「病気ならいいよ。また、お母さんのとこいけるかもしれないもん。でも、お母さんがいらないって言ったら、お母さんには二度と会えないんだ」
耳を塞ぎたくなった。怖い、怖い、怖い、怖い!
「……どうして?」
「だって、いらないっていうんだもん。僕たちがどんなに会いたくても、お母さんは会いたくないんだって」
ぼーっとした表情でそう言うが、私の胸をえぐるには十分だった。
「……お、お母さんも、今は駄目ってことかもよ」
「でも、お母さんたち準備が出来たから迎えてくれたのに……駄目っておかしいでしょ? やっぱりいらないんだよ」
涙が止まらなかった。彼の言葉がもはや刺すところの無い程胸にグサグサ刺さる。
「そんなこと……」
「お姉ちゃんまた泣いてる。泣き虫なんだね。でもね、友達の中には泣き声すら上げさせてもらえなかった子がいっぱいいるんだー。だから、僕が神様に文句言ったら怒られたよ」
彼はぷーっと頬を膨らませてすねていた。私はかろうじてその椅子に座っていた。逃げたい、だが彼の話を聞かなければならない気がして、耐えていた。
「ど、うして、怒られた、の?」
とぎれとぎれの言葉だが彼には通じたようだ。
「子どもを産まない権利っていうのがお母さんにはあるんだって。親は親で悩んでるんだって。それでも、そのお母さんはそのまま生きていけるなんて不公平だよね」
「……そうだね。お姉ちゃん最低だね」
私は泣きながらそう言う。伝わらなくてもいい。私自身に言った言葉だった。
お腹の中の子どもをどうやったらないものに出来るか。どうやったら周りにばれないか。どうやったら消し去れるか。
正直、悩む頭をめぐっていたのはそんな言葉ばっかりだった。
「大人はさ……僕らがいなくなったことを少しでも泣いてくれるのかなぁー。よかった、なんて思われたらやりきれないよ」
彼はなんだか大人びた表情でそう口にする。その言葉に返事をすることは出来なかった。
だって、私は彼の言葉を聞いて尚、この子を産む決意が出来てなかったのだから。
「お姉ちゃんは産まれてきてよかった?」
不意に彼がそう尋ねてきた。それは突拍子もない質問であった。
「産まれてきて……?」
まだ、二十歳。もう、二十歳。
正直、それなりの人生ではある。恋もしたし、大学にも行っている。
「人生って何が一番楽しい?」
不思議な聞き方をされたが、その問いも答えることに頭を悩ませた。
「うーん……一番かぁー」
友達と遊ぶのはもちろん楽しい。美味しいものを食べるのも楽しい。別れてはしまったけど、恋をするのも楽しかった。
何よりも……
「――愛されていることかな」
私は何故かそう答えた。
「愛されてる?」
彼の不思議そうな顔の横で私はゆっくりと語る。
――幼稚園で男の子にいじめられた私を慰めてくれたお母さんと、子ども相手にむきになっていたお父さん。
――小学校の運動会には二人で見に来てくれて、照れくさいけど嬉しかった。
――中学に入ってイライラして当たり散らす私に、向き合っては真剣に怒鳴ってくれた。
――高校で友達と上手くいってなかったとき、子どもとしてではなく一人の人として話を聞いてくれた。
――大学になって家を出て行く時、さびしそうな顔で見送ってくれた。
「ふーん……お姉ちゃんは凄く幸せなんだね」
彼はそう言った。そう、私はこんなにも恵まれていたのだ。

出発の時3へ続く。


別窓 | 短編小説 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  477

出発の時

「さて、次はあなたの番ですよ。いってらっしゃい。そして、沢山愛されてらっしゃい」
一つの光はそう言われ、地上へと到達した。

「おめでとうございます、妊娠9週に入ったところですよ」
頭が真っ白になった。身に覚えがない訳ではない。だが、今の私にはこれはおめでたいことではなかったのだ。

――出発の時

彼と私が別れたのは、ほんの1週間前のことだった。お互いまだ学生で、我慢が足りなかったのだろうと言えばそれまでだ。
たわいもない喧嘩をして、そのまま音信不通。私が別れたくないとすがったが、彼の方は聞く耳を持たず、私のもとを離れて行き、電話もメールも通じなかった。
ふと自分のお腹をみる。他に覚えがないから彼の子なのだろう。
「おめでとう」と言われた。「9週目」だと言われた。エコーで「子ども」が見えていると言われた。
どうしよう、どうしよう、どうしよう――
訳が分からなかった。まさか出来るなんて思ってもみなかった。嬉しいなんて感情は少しもわかなくて、想いは「どうか時間を戻してほしい」それだけだった。
今になって思えば、その時になって初めてセックスの意味を知った気がする。
彼が離れて行くのが怖かったから、身体を許した。コンドームすら見たこともなく、避妊の意味も十分に分かってなくて、してくれているものだと思っていた。
避妊を男性任せにしてはいけない。聞いたことはあったが、こういう意味だったのだと、医師に言われてはじめて気付いた。
私はなんて馬鹿だったのだろう。
「お姉ちゃん、泣いてるの?」
公園のベンチで思いつめる私に、4歳程度の男の子がそう話しかけてきた。
「悲しいの?」
男の子は隣に座って質問を続ける。私は答えられなくて、さらに泣いた。
「大人なのに、泣いてるなんて変!」
違うの、お姉ちゃんは大人なんかじゃないの。中身はてんで子どもで、やることだけは一人前で、大人のふりをしてただけ。
言葉にはならなかったが、彼の言葉に否定をしたい気持ちだけが頭に残っていた。
「お姉ちゃんいくつ?」
「……20歳」
何とか声を絞り出す。
「ふーん……お姉ちゃんどうして泣いてるの?」
彼は再びそう尋ねる。素直な問いかけだけに色々と厳しい。
「お姉ちゃんはね、少し困ってるの」
私はそれだけ返した。
「困ってるの? お姉ちゃんが出てきたところって、赤ちゃんが生まれるところでしょ?」
彼はどうやら産婦人科から出てくるところから見ていたらしい。その言葉に正直ビクリとした。
「そうみたいね」
「お姉ちゃん、赤ちゃん産むの?」
再びビクリとした。私が産むんだろうか。その問いかけには答えることが出来なかった。
「どうかな……僕、お名前は?」
「……分かんない」
彼は不思議な少年だった。向こうからは次々と質問を繰り出してくるのに、彼のことに関しては何一つ答えてくれなかった。
「産まれてくるときって大変なの」
彼は至極当たり前だが、この年の男の子にしては至極不思議なことを口にした。
「大変?」
「うん、大変。お母さんのお腹の中は凄く暖かくて、いい気持ちなんだけど、でも大変」
当たり前のようにさらさら答えるので、逆に聞いてみようという意思が芽生えたのかもしれない。
「どう大変なの?」
「最初のころは、たまにベットがはがれちゃう子がいるってお友達が言ってた。まだお腹にいたいのに、出されちゃったって」
胸がズキッとした。もしかして、彼は私のことを分かって言っているのだろうか。
「その子のお母さんは、その子のことすごく楽しみにして喜んでくれてたんだけど、急にお腹が痛くなって追い出されちゃったんだって。その子病気だったから」
心臓がドキドキしている。何の話をしているんだろう。
「病気だったんだ……」
「うん、そういうお友達も結構いるんだー。でも、お母さんが泣いてくれたからそれでいいって。また、その時が来たらお母さんの所に行くって」
「……そう」
もし、私が中絶したら、この子は2度と私の元には来てくれないんだろうな。私はお腹を撫ぜてそう思った。

続く

別窓 | 短編小説 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  458

バレンタインデー

お久しぶりです。
最近、毎回記事の書き始めがこの言葉のような気がします202
大学卒業と大学院進学で正直てんてこ舞いというのが正直な感想です。
週刊を目標にしているのですが、気がつけば月刊位の更新頻度^^;
もう少し頑張りたいと思います。気が向いたときでいいのでお付き合いいただけたら光栄です。

さてさて、来月はバレンタインデーということで、時間の関係上過去の小説をUPします228
新しいのが書けたらなぁーと思うのですが……
なんせ、卒業研究に追い詰められているので229
とりあえずこのサイトではUPしたことのない小説だと思うので、暇つぶしがてら読んでくださると幸いです。

ではでは、寒いですが皆様お身体にお気を付けください^^

小米雪


バレンタインデー…の続きを読む
別窓 | 短編小説 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ブルームーン | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。