キーワード出現率
ブルームーン 酒で丸めて浮気をこねる

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  228

私の帰る場所

浮気は文化だ!

芸能人の誰かが言ってたっけ?

何を馬鹿なことを!

私はその浮気のために全てを捨てようとしているのに。

 

 

 

彼に出会ったのは半年前の冬だった。

寒い手を擦りながらようやくたどり着いた喫茶店に入ったが席が一杯で、知らない男の人と相席する羽目になった。

それが彼だった。

出会いは別に珍しくもない。

私は格段彼に興味を示したわけでもないし、温かい紅茶を一杯飲めれば喫茶店から出て行くつもりだった。

目の前に紅茶が置かれる。

私は急いでそれを飲もうとしたが、正面から視線を感じた。

「あの……何か?」

 私は人の姿をじっと見つめる彼を訝しげに見た。

「あっ! すみません! 唯、よほど寒かったんだろうなと思いまして」

 彼はそれだけ言うと鞄をごそごそとやりだした。

 新型の暖房機でも売りつけられるのかしら?

 冗談じゃない……。

 私はもう一度、紅茶のカップを持とうとした。

「あっちょっと待って!」

 彼は慌てた様子でそれを止めた。

 何だって言うの? 紅茶が冷めちゃうじゃない!

 私は苛々して彼を睨み付けたが、彼はにっこりと笑うとブランデーのビンを取り出した。

「これこれ! 寒いなら、紅茶にブランデー入れたらいいですよ。香りが尽くし、それに温まります!」

 彼はそう言うと私の紅茶にブランデーを入れた。

 私が「あっ!」と思った時にはもう遅く、ブランデーは湯気の出る紅茶へと溶けていった。

私はしょうがなくその紅茶に口をつけた。

「美味しい……」

 私は思わずそう言ってしまった。

「でしょ?」

 彼は嬉しそうに私を見た。

 それが恋の始まり。

 それから私は週に二日ぐらいの割合で彼に会っていた。

 旦那はいつも帰りが遅く、会話もほとんどない。

 浮気をしている罪悪感はなかった。

 最初はビクビクしていたが、いつの間にか向こうにも彼女がいるんだからと勝手な想像で割り切っていた。

「なぁ……、一緒に暮らさないか?」

 彼が私にそう言ったのは、春の事だった。

「えっ?」

「俺と一緒にさ……」

 彼は照れているのか視線を合わさないようにしてそう言った。

「でも……」

「結婚しているのは知ってる。でも、君だってこんな状態辛いだろ?」

彼は低い声でそう言った。

 正直、彼がそう言ってくれたことは嬉しかった。

 でも……いくらなんでも、旦那のいる身である。

 十代の少女のように満面の笑みを浮かべて頷く事はできなかった。

「考えといてよ……」

 彼はそれだけ言った。

 それから二週間。答えは出た。

 私は家に鍵をかけると、駅に向かって歩き出した。

 電車に乗って何所か遠くで二人で暮らそう。

 彼はそう言った。

 念のため貯金通帳は持ってきていた。

 やはり、あまりに惨めな生活はしたくない。

 我侭なのは分かっているが、これは旦那に対する復讐でもあった。

 あなたがもう少しかまってくれていたらこんな事はしなかった。

 駅のホームに着いた。

 私は彼の顔を見つけた。

 驚かせてやろうと、彼の背後に回る。

 チャラーラー チャラーラー

 聞いたことのあるメロディが、彼のポケットから鳴り出した。

 携帯電話だ。

「はい。ええ、大丈夫です。まるで怪しんでいません。ええ、通帳も持ってくるように言いましたよ。大丈夫です。旦那に浮気をされるような主婦なんて、こっちの事疑ったりしませんよ。ええ、いい鴨ですね」

 彼は電話でそう言った。

 私は頭が真っ白になった。

 今のはあの彼の言葉なの?

 信じられなかった。信じたくなかった。

 気がついたら私は泣きながらいつもの家へ続く道を歩いていた。

 情けない……。一度は捨てた家なのに、自分には戻る場所がここしかないなんて。

 涙は一つずつポロポロと流れた。

 馬鹿みたいね。若い女の子じゃあるまいし、男に騙されて泣くなんて。

ツゥルルー ツゥルルー 

自分の鞄の中で携帯電話が鳴り出した。

きっと中々来ない私に彼が痺れを切らしてかけてきたに違いない。

やっぱり……。

私は携帯電話の液晶に彼の名前を見てそう呟いた。

無言で電源のボタンを押す。

ツゥルルー ツゥルルー

彼からの電話を切って直ぐにまた携帯電話が鳴り出した。

私は苛々しながら電話に出た。

どうせ彼だ。

なんて嘘を吐いてやろうか? それとも、彼の嘘を見抜いたことを自慢げに語ってやろうか?

「はい……」

 結局私はその二文字しか言わなかった。

 いや、言えなかった。

 何を言っても惨めになるのは自分だって分かってたから。

「俺だけど? 如何した? 不機嫌な声出して」

 声の主は旦那だった。

 私は驚いた。携帯に電話なんてかけてきたことない人なのに。

「お前今何所にいるんだ? あの手紙は何なんだ?」

 旦那の弱々しい声を聞いて、私は自分が置いてきた手紙を思い出した。

 手紙には唯出て行くことだけを示しておいた。

 早く帰った旦那はさぞかし驚いただろう。

「何とか言ってくれ! 何所に行くんだ? 迎えに行くから! 教えてくれ!」

 旦那の声は悲鳴に近いものだった。

 私はくすっと笑うと、

「今日何が食べたい?」

 そう尋ねた。

旦那は、

「……何もいらない。唯、お前だけは帰ってきてくれ。こんな日に出て行くやつがあるか!」

「こんな日?」

 私は不思議そうに尋ねた。

「今日お前誕生日だろ……?」

 気がつかなかった。

もう何年も祝ってない誕生日。

旦那はそれを覚えてくれたのか……。

頬にさっきとは違う種類の涙がつたっていくのに気付いた。

今日はよく泣く日だわ。

「今から、帰るから……せめてお茶ぐらいは入れておいてね」

 私は手の甲で涙をふきながらそう言った。

 さぁ、自分の家に帰ろう。

 話す事はたくさんある……。

 


スポンサーサイト
別窓 | 酒で丸めて浮気をこねる | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  227

Les Terre du Sud 2005

 私の旦那は浮気をしている。

 若いホステスから、何所から連れて来たかわからない中年の女まで、そのバリエーションは幅広い。

 浮気なんてするぐらいなら如何して結婚なんてしたのかしら?

 家事をして欲しかったから……?

 出世の為には結婚している事が大事だから……?

 全く、男の人の考える事は少しずれてるわ。

 女は首を振ると、ワイングラス一杯にLes Terre du Sudテール・ド・シュド)の2005年を注いだ。

 このロゼのワインは最近、女のお気に入りだった。

 旦那が帰ってこない夜は必ずこのロゼで一杯やるのだ。

 果実の味わいを感じながらこのロゼを飲んでいるといつのまにか心が落ち着いてくるのだ。

 女はグラスを少し持ち上げて、グラスを満たすロゼの色合いを見た。

 薄いピンク色で、それは儚い青春の恋のようだった。

 女も歳相応にいろんな恋はしてきたつもりだ。

Bourgogne Pinot Noir(ブルゴーニュ・ピノ・ノアール)の赤ワインのような身体を熱くさせる、燃えるような恋だってしてきた。

逆に、William Fevre Chablis(ウィリアム・フェーヴル・シャブリ)の白ワインのような爽やかさを感じながら苦味やこくのある複雑な恋だってしてきた。

それでも、このロゼにあうような儚い、若いうちにしかできない夢のような恋愛はしたことがないと感じた。

女は昔から少しませた子供だった。

初体験は中学生で済ませて、高校生の頃から彼氏を切らしたことがなかった。

大学生になるとろくに学校にも行かずバイトに精を出した。

自給八百五十円。始めてもらった給料の少なさに愕然とした。

あんなに齷齪働いたところで得るものは月に数万円のお金。

そう思った時、女は夜の世界へと入っていった。

一日数時間で月に得たお金は十万円単位のものだった。

お酒を飲んで愛想笑をして、金持ちのおっさんの相手をする。

仕事はそれだけの事だった。

若くて、女であればそれでいい。

そこはそんな世界だった。

今の旦那も結局、店のお客さんである。

向こうが一方的に惚れ込んで、プロポーズをしてきた。

丁度その時大学の四回生で、就職も決まってなかったから二つ返事でOKをだした。

それから十数年。

よく続いたものだ。

旦那と私は恋をしなかった。

いつまでたっても、旦那は客であり、私はホステスである。

その関係は変わる事がなかった。

いつしか旦那は浮気を始め家に寄り付かなくなった。

そして、旦那しか客のいない私だけの店はいつしか一人で酒を飲む部屋へと変わっていった。

最初はビールだった。缶ビールを机一杯に空き缶が広がるほど飲んだ。

アルコール中毒に近い状態になったこともある。

ワインに出会ったのはそんな時だった。

大学時代の友達が電話でこう言ったのだ。

「あなたのところはお金があるんだから、安いビールで身体を壊してないで高いワインでも飲みなさい」

その時は何を馬鹿なことをと言って笑ったが、後になって無性にワインが飲みたくなった。

それなりに値段の張るワインだって飲んだが、最後に行き着いたのはLes Terre du Sud2005年だった。

値段は二千円足らず。

そのワインに出会った時、はっきりと道を間違った事を悟った。

私はまだ、人生のLes Terre du Sudを味わってない。

そう気付いた。

その時に買った三本のボトルも、もうじき空になる。

女は最後の一本を飲み干すと、徐に立ち上がった。

大きな引き出しには一枚の紙が入れられていた。

『離婚届』

女はほろ酔いの身体をしゃきっとさせると、判子を押した。

これでいい……。

女は寝室から一つの鞄を取り出す。

この家で必要なものは自分の身とこの鞄だけだ。

女は机に一枚のメモ用紙を置くと、鞄とワインの栓を手に持って家を出た。

鍵は郵便ポストから家の中へと放り込む。

ワインの栓からは、消える事のないLes Terre du Sudの香りがしていた。

 

『人生のLes Terre du Sudを探しに行きます。さようなら

 

部屋にはそう書かれたメモ用紙がワインのビンの下に置かれていた。

 

 


別窓 | 酒で丸めて浮気をこねる | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  226

浮気誓約書

 これは私とあなたの浮気誓約書。
 第一条、私からあなたへ電話をかけないこと。
 第二条、あなたから私へ最低でも一週間に一回は連絡すること。
 第三条、お互いを理解して無理を言わないこと。
 第四条、お互いが必要で無くなった時は素直に別れること。
 そして、第五条、夢を見ないこと。

 私は携帯の着信履歴を開いた。

 あなたからの電話。
 もう、一ヶ月もかかってきてない。
 契約違反だわ。
 女は通話のボタンを押そうとして止めた。
 どうせならもっと驚かせてやろう。
 女は脱ぎっぱなしでソファにかけてあったコートを着ると髪にブラシを通した。
 口紅とファンデーションを塗り直す。
 それは、最低限の身だしなみ。
 女はドアから外の世界に出ると、一目散にある場所を目指した。
 あなたがいるところへ。
 あなたの会社の前で少し待つ。始めて会った時もこの場所だった。
 フラれたばかりで酔っ払ってここで寝てしまっていた私に声をかけてきたのがあなた。
 直ぐに意気投合して、飲み屋をさらにはしごした。
 あなたに奥さんがいるってわかった時はショックだったけど、それでもいいって言いながらホテルへ行った。
 あなたを感じて、離したくないと思って、あの誓約書を作った。
 それが、秘密の関係の始まりだった。
 女はふと時計に目を落とした。
 時間はもうすぐ五時。
 あなたはいつも定時であがって出てくる。
 働く気がないのねっと笑いあったものだ。
 五時の迎えがきた。
 会社という大きな箱から突然大量の人が出てくる。
 まるでびっくり箱ね。
 最初に出てくるのは若いOLで、あなたはもう少し後。
 女は視線の先に、求めていた男を見つけた。
 女は座っていた少し高め花壇のブロックから立ち上がって男の元に行こうとした。
「あっ……」
 女はもう一度ブロックに座り込んだ。
 男の隣には、若いOLが恥ずかしげもなく腕を絡めている。
女は思わず視線を反らした。
 一ヶ月も連絡がなかったんだからわかってもいい筈だった。
 鈍いにも程がある。
 最初から、私は夢を見てたんだ……。
「契約違反は私の方だわ……」
 女はフッと笑うと鞄の中から一枚の紙を取り出した。
 浮気誓約書。
 女はその紙を丁寧に小さくちぎっていった。
 細かく破られた紙は時折女の手を抜けて空へと舞い上がった。
 ひらひらと。
「これで、契約は破棄よ」
 女はそう言うと、手のひらをゆっくりと開いた。
 握られていた紙は少しずつ、風に乗って埃の舞うアスファルトへと飛んでいった。


別窓 | 酒で丸めて浮気をこねる | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  225

メビウスの輪

あなたと私の関係はまるでメビウスの輪みたいね。

表と裏が入り組んで、どちらが真実なのかわからない。

ただ言えることは……あなたを愛しています。  

 

冷蔵庫から一本の缶ビールをだす。

女にはその仕草が日課になっていた。

これくらいじゃ、酔えないわ……。

女はそう思いながらビールを飲み干した。

携帯電話がなる。

会えないあなたからの定期便。

「携帯なんて持つものじゃないわ……」

そう口にだしながらも、電話に出る。

「はい?」

「あっ!俺、俺。」

嬉しそうな男の声が聞こえる。

俺、俺って……今流行りの詐欺じゃないんだから、ちゃんと名前ぐらいいいなさいよ。女はその言葉を飲み込むと、

「どうかした?」

と素っ気なく聞いた。

会えなくて辛かったなんて死んでも言ってやるもんか。

女はこの一本の電話を心待ちにしていたが、弾んだような声を出すのはプライドが許さない。

惚れられているのは私。

夢中になっているのはあなた。

絶対にそうだから。

私はただこの不倫というゲームを楽しんでいるだけ。

それだけよ。

「何かあったの?声、いつもと違うわね?」

よく聞くと男が酔っているのがわかる。

お酒が物凄く弱くて滅多に飲まない人なのに……。

「酔ってるのね」

女はそう呟いた。

「……俺と別れてくれ」

女は耳を疑った。

「今何て?」

「俺と別れてほしいんだ……」

あなたは私が好きなんでしょ?

ベッドの中ではいつも言われてた。

離したくないって。

その言葉を信じた訳じゃないけど、あなたは本気だったじゃない。

「本気なの?」

女は何て言っていいのかわからなかった。

「ああ」

「それなら素面の時に言ってよ」

「素面じゃ言えないから、飲んだんだ」

男は低い声でそう言った。

「どうして?私のこと嫌いになったの?」

「好きだよ……」

「じゃあ――

「家内に子どもができたんだ」

「あなたは結局奥さんが大事なのね」

「そうじゃない!そうじゃないけど……」

馬鹿みたい……。

私は遊びだったでしょ?

この程度の男どうでもいいでしょ?

なのに、なのに!

「お前なら俺よりいい奴が見つかるよ。こんな平凡で、たいしたことない奴よりさ……」

男の呟く言葉の一つ一つが女の涙となって目頭から流れた。
そんな平凡でたいしたことない奴に惚れちゃった私はどうなるのよ! 

……本当に、馬鹿みたい!

女は夢中になって携帯電話の電源を切った。

この携帯電話はあなたからのプレゼントだった。

毎日電話したいからってあなたから私にくれた。

毎日、毎日あなたから私に電話をかけてきた。

だからなの?

別れの言葉ですら、あなたから私に送られるのね。

私はいつも愛される側だと思ってた。

あなたが私を必要として追い掛けてくるって。

でも、メビウスの輪はいつのまにか私たちの関係を表から裏へ変えてしまった。

別れてから気付いた。

私はあなたを愛してた……。

女は電源の切れた携帯電話をいつまでも大事そうに握りしめていた。


別窓 | 酒で丸めて浮気をこねる | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  224

子供ができたの

「あなたの子どもができたの……」

女は弱々しくその言葉を口にした。

「……すまない」

男はその言葉だけを口に出した。

「どうして?どうして謝るの?」

「悪いのは全部俺だ」

男がその台詞を口に出した時女の目からは涙が零れた。

「あなたが、本当に俺の子かって聞き返すような男なら、ここで諦められたのに……」

女は痛々しいほどの笑顔でそう言った。男は何も言わず女を抱きしめた。

「止めてよ……奥さんからあなたのこと奪い取りたくなっちゃう……だからそんな優しく抱きしめないで」

女はそう言いつつも男の胸に顔を埋めた。

「悪かった……。お前のこと傷つけて」

男は女の背中を軽く摩った。

「いいの……。あなたの子生んでみたかったけど、諦めるわ。もし、あなたがそのことで私を捨てるような男だったら絶対に生んであなたと奥さんの前に現れてやるつもりだったけど……」

女は悲しそうな表情のまま笑顔を見せた。

「そりゃ恐いな」

男も女に合わせて微笑んだ。

「私なんか可愛いものでしょ?」

「ああ。そうだな」

男はそう言うと泣きそうな彼女の口を唇で塞いだ。

「今のキス……」

女は軽く呟いた。

「えっ?」

「今のキスは別れの合図……ねっ?そうしましょ」

女は男の背中に回していた手を緩めると、男の腕の中でそう言った。

「……お前がそうしたいのなら」

男は女を抱きしめる腕にさっきよりも強く力を入れた。

「最後の我が儘聞いてくれる?」

「ああ」

「この子をおろすお金だけあなたからもらいたいの。意味の無いことかもしれないけど、あなたにこの子の命を摘み取ってほしいの」

女は目頭を押さえながら言った。

「わかった。そのお金は勿論俺が出すよ」

男は覚悟をしたように、大きく頷いた。

「ありがとう……」

女は男の腕から抜けると、もう一度口付けをした。

「さっきのはあなたから私への、今のは私からあなたへの別れの合図よ」

女はそう言うと、玄関の方へと歩いて行った。

「もうここへ来ることはないわ」

「ああ」

男は少し辛そうに女に封筒を渡した。

封筒の中には僅かながらの現金が入れられていた。

「これで足りるかい?すまないが、今の俺にはこれぐらいしか……勿論、金で片付くなんて思ってない。でも、お前がそう望むのなら」
「大丈夫。充分よ。ありがとう……。私の代わりに奥さんを幸せにしてあげてね……」

女はそう言うと、ドアを押して外の世界へと出て行った。

 

女は少し歩くと自動販売機でアルコール飲料を買った。

プルトップに指をかけて缶を開けると、一気に喉に流し込む。

「馬鹿な男……」

女は不適な笑みを浮かべながら、飲み終えた缶をごみ箱へと投げ捨てた。

好きな男ができた。二週間前のことだったか。今度その男と旅行に行くつもりだ。

「もしもし?あっ私。うん、そうよ。旅行のお金何とかなったみたい!」

女は先程の涙の痕など綺麗さっぱり消えていた。

女は電話を切るとふっと微笑んだ。 

「涙は女の武器ってね……」

 


別窓 | 酒で丸めて浮気をこねる | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ブルームーン | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。