キーワード出現率
ブルームーン 2012年02月
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No  524

誕生日

tiisanaomoi37.jpg

お祝いをしようよ
HAPPY BIRTH DAY
どんな状況でも 
君の生まれた日は 祝いたいんだ
ありがとうとごめんねの言葉は
今はしまいこんで
待ち合わせ場所で待ってるから


お祝いをしようよ
HAPPY BIRTH DAY
どんな状況でも
君の生まれた日は 笑いたいんだ
愛してると大好きの言葉も
今はしまいこんで
美味しいご飯につれて行くから


お祝いをしようよ
HAPPY BIRTH DAY
どんな状況でも
君の生まれた日は おめでたいんだ
楽しいと嬉しいの言葉を
今は表に出して
精一杯の僕をあげるから

誕生日…の続きを読む
スポンサーサイト



別窓 | 小さな想い | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  523

結婚相談所

30代男性医師が真剣にご結婚のお相手を探しています……という広告に思わずクリックしそうになって笑った今日この頃。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

女性の結婚相手の人気は今も昔も医者、弁護士、社長なのだろうか。
自分自身、これほど医師が身近な環境にいるとありがたみも無くなり、何時しか結婚したくない職業No.1にランクインしていた。
別にどの職業の人と結婚したいというこだわりがあった訳ではないが(高校時代は真剣にアラブの石油王の嫁になりたかったが……(笑))、二十代半ばになって結婚が現実にありうる年齢になってきて、見えないものに縛られることは多くなってきたのかも知れない。
人はライフイベントの為に人生を頑張るのだろうか。
例えば、社会人だと不景気な世の中だから、したこともない結婚、出来てもいない子ども、見たこともない老後という生活の為に貯蓄をする。
自分も何時しかそんな価値観になってきていて、したいことよりもしなきゃいけないことに力を入れる。
あるのかないのか不確かな未来に縛られて、気がつけば選択の幅は思っているよりもずっと狭く小さくなっていた。
くだらないと思う。
だが、それ以上にその価値観を外れることに何処か恐怖を感じる。
結婚をすれば、子どもが優秀になれば、素敵な老後を送れれば……それだけで人は幸せなんだろうか。
そこに行く過程もまた、人生ではないのだろうか。
何かを得るために、何かを犠牲にすることは、賛否両論だろうが間違ってないのだと思う。
唯、未来の幸せを得るために、今の幸せを犠牲にする人間がはたして本当に幸せなのかは、疑問である。

幸せになりたいと誰もが願う世の中を誰が作ったのかは私は知らない。
幸せでないと誰も思う世の中も誰が作ったのかは私は知らない。

それでも、やはり幸せになりたいと願う。
未来に幸せでありたいのではなく、今を幸せでありたいと思う。
誰かにしてもらうのではなく、今の私に満たされたい。
どれだけ日本が不景気で円高で政治がボロクソで、何時まで経ってもデフレ脱却が出来てなかったとしても……自分を幸せに出来るのは、結婚相談所なんかではなく、自分自身だ。

深夜の炬燵にて 小米雪

別窓 | 小噺 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  522

距離

tiisanaomoi36.jpg

好きでいたいなら 離れなければいけない
そんな恋があることを初めて知った

君の残り香 想い出 楽しいことがあった時に手に取る携帯電話
全てが切なく 体中をつき刺す

五感でした恋は 喪失感を五感で感じる
香り キスの味 抱きとめた体温 愛おしい声  そして 姿 ……

初めて見た涙に 全てが繋がる
ごめんなさい 苦しめて

君との幸せを追いかけるあまり
君のことを置き去りにした

恋人ではなく家族になれますようにと
祈った道は茨の道で何時しか隣にいない君に気が付かなかった

君は君で僕を追いかけるあまり何度も追い越す
歩幅の合わない僕らは 何時しか真横を仲良く歩くことが出来なくなっていたね

もう少しゆっくり歩けばいいのに
そう気付いた時には二人では止まれなかった

一度離れてみよう きっと一人だと走ることも出来ない
何時しかゆっくり歩けるようになるから

君の横を歩く僕が好きだった
僕の横を歩く君が好きだった

だからもう一度その道が繋がりますようにと
涙の止まらない部屋で祈る

どんなに方向音痴でも
僕は君を愛してるから

距離…の続きを読む
別窓 | 小さな想い | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  521

ダメンズライカー

大学時代、よくこの単語を使った気がする。
『ダメンズライカー』
ダメ男好きの女性のことを指す意味である。
自分はこれだと大学時代に友達と笑ったものである。
だが、最近気が付いたことがある。
自分は「ダメンズライカー」ではなく「ダメンズメイカー」であると。
男性に求めることが割りに少なく、それこそ、癒しと寂しさに加えるならば私が彼を好きであるという事実さえあれば十分なのだ。
ものもお金も何にも要らない。そう思って過ごしてきた。
幼恋であると自覚している。それでも、幼恋だから一生懸命になれるのかも知れない。
唯、男性に期待していない訳ではない。母親のように一から十まで全てをしてしまう雪であるから、いつかは私の大切さに気がついて、その人がどんな凄い人になろうとも、私無しでは居られなくなればいいとひっそり思っていたりする(笑)
それなのに、寂しいことに大抵の人はそこに甘えるのか、連絡は無くなり、イベントも無くなり、日常すら何時でも手に入るものになる。
そうなると最終的に、私の存在意義もなくなる気がするのだ。
別れようと言えば泣きつかれた。
「お前が居ないと駄目」「一生一緒にいてほしい」そんな言葉も山ほど聞いたし、焦った男性の婚約指輪も見せられた。
望んでいた結末のようにも見えるのだが、彼らが求めているのは楽な日常であって私じゃないのが目に見えて、結局疲れてしまう。
彼らが大切にしたいのは楽な日常に住んでいる自分であって私じゃないのだ。
きっと、そんな男性を生みだしているのは私なんだと最近思い始めた。
今の彼氏にしても、一般的にみればマメで、器用で(器用貧乏だが^^;)、仕事も出来て、頭の回転が速い……雪からしてみれば勿体無いような彼氏である。
それなりにモテるし、雪でなくても彼女が欲しいなら出来るだろうと思う。
してほしいことがあればしてくれるだろう。
でも、私は強くは望まなかった。
行きたいと思っても、行けたらいいなくらいしか言わなかったし、止めとこうと言われれば従った。
欲しいと思っても、高いしいいよと言ってきたし、おごってあげると言われても素直にうなずけなかった。
そんな自分が、今の彼を作ったのだろう。
待ち合わせに何時間でも待たせていい彼女。
見下してる、と腹を立ててみても、そうしてもいいと言ったのは私だったことにふと気が付く。
彼は変わった。そう呟くテレビの中の女性を見て、変えたのは自分だと、我を重ねる。
きっと、他の女性と付き合っていたら、彼はいい男のまま居られたのだろう。
そう思うと、なんとも言えない気分になる。
だが、今はこの依存をもう少し続けて行きたいと思う。
いい女になりたければ、いい男を育てたければ、ここで叱れる女性にならなければいけないのだ。
彼の為ではなく、自分の為に、もう少し成長するチャンスが欲しいと思った、今日この頃。
……頑張ってみます。

別窓 | エッセイ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  520

人を待つこと

産婦人科に関わる職業についていると、考えることがある。
ふっと誰かに1時間待たされた日の午後。母親はすごいなぁーと。
母は子どもを40週待ち続けるのだ。
よくカウンセラーがカウンセリングで言う言葉がある。
先天性疾患の子の母親に対して、本来なら流産してしまっていたかも知れない命に対して、私たちはいつも「ご両親や周りのみんなに会うために生まれてきてくれたんですよ。産まれてこれない子も沢山いるけど、この子は会いに来てくれたんですよ」とそう話す。
本当にそうだと思う。
母は子を40週待ち、子は母に会うために40週戦う。
そう思うと命というものがとてつもなく愛おしい。
私は誰かを40週も待つことなんてとても出来ない。
それも身体はだるいし、重いし、食べたいものも食べられない、そんな苦痛な状況を楽しみながら待つなんて、なんて凄いことなんだろう。
親子の愛が無償なのは当たり前のようにすら思えてくる。

そんなに生命の神秘を感じ、生命の強さに驚き、感動しているにも関わらず、彼氏の2~3時間の遅刻はどーしても許せません。
と言うか、母親じゃねーし。。。

要はこれが言いたかっただけなんですが、日頃相手のお母さんにかてないなぁーと思うことがあるのですが、そもそも生んだ人に勝とうなんておこがましい感情なんでしょうね。

私はいつか誰かの親になるんでしょうか。
きっと大変なんだろうなぁーと漠然と思ってる段階では、小児科で働くことは出来ないと思う今日この頃です。

別窓 | エッセイ | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  519

ごめんなさい、愚痴です

そのうち消すかも知れませんが、ちょっと我慢ならなくなってしまって……
申し訳ないですが、嫌な方は読まずにまわれ右していただけると嬉しいです。


ごめんなさい、愚痴です…の続きを読む
別窓 | 小噺 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ブルームーン |