キーワード出現率
ブルームーン サンタクロース体験
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No  108

サンタクロース体験

今年のクリスマス前に、雪はちょっとしたことを考えた。
それは両親へのクリスマスプレゼントである。
雪の家では父は今単身赴任をしており、圧倒的に母と二人の時間多い。
まぁ、父自身ちょくちょくと家に帰ってきているので、寂しいということは無いのであるが、雪や母ではなく父が寂しいそうだ。
最近――いや、昔からそうであったのだが、父は娘、特に雪にベタ甘であった。
六歳上にいる姉には厳しい一面を見せるのだが、何故か雪だけは本当に甘やかされていたと思う。
遅くにできた子は可愛いというのはこういうことなのだろうと勝手に認識している。
それはともかく、クリスマスプレゼントの話である。
以前に、「サンタクロースの落し物」というエッセイでも書いたのだが、サンタが持ってくるクリスマスプレゼントというのは、普通のプレゼントとはまた違った嬉しさがあるものである。
唯、それは子供限定というプレミアがあるので、最近はサンタクロースも雪のもとには現れないのだが……。
そこで、雪は少しサンタの仕事を手伝ってみようかと思いついた。
父や母の枕元にクリスマスの晩にプレゼントを置いてみようと思ったのだ。
忙しいサンタクロースは大人の分まで配れないので、まぁサンタも喜んでくれるだろう。
とりあえず、何をあげようかと考えたのだが、如何も父や母の欲しいものが分からない。
直接聞いてみようかとも思ったのだが、それは面白味が足りない気がした。
いや、直接聞いて渡したら渡したで、母はともかく父は喜ぶであろうが、それは雪自身が納得できないのだ。
色々悩んだあげく、結局二人にお菓子を買いに行くことにした。
デパートの地下にはクリスマス限定のお菓子がそこら中に売り出されていて面白い。
色々と悩みながら、チョコレートの好きな父のためにチョコレートを買い、母には缶に入ったクッキーと飴を買った。
ラッピングされたそのお菓子を見ながらフッとにやけている雪を、周りの人が不思議そうな顔で見ていたのは、とりあえず無視しておく。
両親が入らないであろう自分の部屋にお菓子を隠し、夜をじわじわと待った。
雪は26日までに提出しなければならないレポートがあったので、必然的に眠りにつくのは雪の方が後である。
皆が眠りについた頃を見計らい、雪は自分の部屋へとお菓子を取りに向かった。
まずは父である。
半分ほど閉まっている襖を音を最小限に抑えながら開き、父の部屋へ侵入した。
入ってすぐ父の頭があって踏みそうになったが、踏んでしまえばプレゼントどころではないので、何とか気をつけながら侵入し、プレゼントを置き、脱出した。
襖は元通り半分ほど閉めておいた。
さて、問題は母である。O型人間の父とは違い、A型人間の母は小さな物音でも目を覚ますのだ。
いや、起きて欲しい時は絶対に起きないのだが、こういう時は必ずしも起きてくるのだ。
如何したものか……。
雪は自分の部屋の隣りにある母の部屋(元は姉の部屋だったのだが、姉が出て行ったことにより母が乗っ取った)の前をウロウロとしていた。
よし、意を決して部屋のドアをそーっと開く。こちらは襖でなくドアなので、如何してもカチャっという音がしてしまう。「あっ」と思ったが、これは仕方がないとこっそりと部屋に入ろうとしたその時……
ガラガラガッチャーン
この時ほど、就職して家を出て行く時に部屋をきちんと片付けなかった姉を恨んだことも無かった。
姉が、積み上げていた荷物の山がタイミングよく雪がドアを開けたことで崩れ、盛大にゴミ箱が倒れたのだ。
この大きな音で母が目を覚まさないかと問われれば、勿論答えは否だ。
「んー?」
母がなんとも言えない寝ぼけ眼のまま雪に視線を向け、雪はいたたまれなくなり、
「えっあー……メリークリスマス」
と言ってみた。

「サンタクロース体験2」に続く

スポンサーサイト




別窓 | エッセイ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<サンタクロース体験2 | ブルームーン | X'masイブ・フリー絵>>

この記事のコメント

No.276
ははは。
雪さんはお姉さんを反面教師に
部屋の片付けよくしそうだね。(じーー笑)
2007-12-27 Thu 14:02 | URL | 見習猫シンΨ #ap6q.jK2[ 内容変更]

No.277 シンさんへ
いえいえ、雪の部屋も姉に負けず劣らず……
せめて今年中には綺麗に致します^^;
2007-12-27 Thu 19:11 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |