キーワード出現率
ブルームーン 腐女子って!? 4
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No  11

腐女子って!? 4

腐女子って!?    はこちら(←)をどうぞ


BLを読むにあたって彼女達は興奮状態にあるわけである。
つまり、『腐女子って!? 3』で述べたような安心感は皆無であるような気がする。
しかしだ、話が戻ってしまうのだが、Tちゃん曰く男女間の濡れ場は生々しいのである。
生々しくない、非現実的である、この辺の言葉はやはり、BLがファンタジー的な要素を含んでいるといえるのではないだろうか。
もう少し、身近なもので考えてみようと思う。
話などで存在するホラーというものである。
幽霊は存在しない! なんて言葉が飛び交う中、如何だろうホラー映画やホラー小説のあの人気は。
雪自身、幽霊を信じているか? と問われると返答に悩むが、ホラーを好きか? と聞かれると好きだと答えることができる。
ホラーものの映画でも、小説でも、読者は皆、「こんな事ないだろうけど、もしあったら怖い!」という恐怖を駆り立てられて読んでいるんではないだろうか。
これは安全性の中で感じられる恐怖であると私は思う。
簡単な話が遊園地のジェットコースターのようなものである。
ジェットコースターは物凄い速度でレールの上を走行するが、そこに込められる危険性は無に等しい。(ごくたまに事故なんかも見られるが……)
乗る人は皆、安全の上で楽しめる恐怖を求めているのである。
これをBLに応用してみようと思う。
腐女子はBLに安心感の中の興奮を求めているのではないだろうか。
つまり、自分は女であって男性間の恋愛に介入することはまずないので、第三者の目つきからその当事者の気持ちが冷静に見られる、ということである。
その上で、彼女達は当事者(この場合男性主人公)達が思春期の微妙な気持ちの変化に戸惑う様をワクワクとしながら見守るのではないだろうか。
身近な腐女子の方がTちゃんしかいないので、「そうだ!」と言い切ってしまうことは出来ないが、これは中々的を得ているような気がしている。
ここで気になってくるのはやはりTちゃんの言葉なのである。
「男女間の濡れ場は生々しくて嫌だ」
男性同士の濡れ場は果たして生々しくないのだろうか。
BLサイトさんに多かったのが18禁というやつである。
つまり濡れ場があります、ということである。
雪の意見を言わせてもらえば、それらのものも十分に生々しいのであまり見たくはない、ということなのだが、彼女達にとっては違うのだろう。
男性同士の濡れ場、またはそこまでいかないにしても絡み合い程度のものを見て彼女達は興奮できるのである。
ここでいう興奮は、ビニール本を見ている中高生男子のようなものである。
性的興味として、それが頭角を現しているのである。

『腐女子って!? 5』に続く

スポンサーサイト




別窓 | エッセイ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<腐女子って!? 5 | ブルームーン | 腐女子って!? 3>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |