キーワード出現率
ブルームーン それでも姉妹です2
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No  129

それでも姉妹です2

この記事は「それでも姉妹です」の続きです。

姉に対する感情は雪の中で少しずつ育っていって、いつしか手がつけられなくなっていた。
そうなると必然的に雪は姉の側を離れるようになった。
別に姉が悪い訳ではないのは分かっている。しかし、だからと言って自分が悪い訳でもない気がした。
そうならざる得なかったのはこんな状況の所為だったと思う。
雪の頭の中には気がつかぬうちに姉イコール嫌いという方程式が出来上がってしまっていたのだ。
そして、姉よりもポテッとした体も真っ黒な髪の毛も丸すぎるくらいの丸顔も全てがコンプレックスになっていった。
皆が姉を褒める声を聞き、褒めている部分と自分を比べ、姉との違いを見つけるたび、悲しくなった。
今思えば雪は姉の様に――いや姉になりたかったんだと思う。
妹の目から見ても美人でスタイルがよくて、姉の周りにはいつも沢山の人が集まっていた。
雪と姉が同じことをしていても皆が褒めるのは姉の方で、叱るのは雪の方だった。
被害妄想という言葉が頭に浮かぶ。
確かに被害妄想かもしれない。でも、そんな風に思うくらい自分が追い詰められていたのだと思う。
雪はいつも思っていた。
自分のほうが姉よりも頭も運動神経だっていいはずなのに如何してっと。
今ならば笑えてしまいそうだ。そんなもので自分と姉を比べていたことを。
雪の姉に対しての感情に変化があったのは、姉のある行動がきっかけだった。
姉という人はとてもしっかりしていてそれでいて突拍子も無い人である。
あれは姉が大学二年、すなわち今の雪の歳のことである。
ある日学校から帰って来た姉が、母と話をしていた。
話の内容は、一年間アメリカに留学したいという突拍子もないものだった。
母も勿論雪も驚いて、まず最初に無理だと口を開いた。
しかし、姉が見ているのは母でも雪でもなかったのだ。
口を揃えて無理と言った雪たちを前に、姉は留学先まで決めてきたことを告げた。
開いた口がふさがらなかった。勉強嫌いで、英語の辞書を顔において眠ることができたような姉である。
そんな姉がアメリカに一人で旅立つことなんて、無理というしかないではないか。
しかし、姉は無理なんて言葉は聞かず、名門といわれる海外の大学への一年間の短期留学を決めてきていた。
英語だってろくに喋れないくせに、彼女にとってやるべきことは会話の練習でもなんでもなかった。
それは唯突き進むことだったのだ。
母や父は色んなことを言ってみたが、姉の意思は固く結局その三ヵ月後姉はアメリカへと飛び立った。
空港で姉を見送る時に思ったことは、寂しいでも悲しいでも嬉しいでもなくそれは、凄いだった。
自分ならば如何だろう? 言葉も通じないような外国に一人で走り出すことなど、昔の雪どころか今の雪でもできないだろう。
夢はフライトアテンダントになること。アメリカに飛び立つ前に父や母を説得した姉の言葉である。
動き続けることが自分に一番向いていることで、このまま大学を卒業しても就職先は一般企業のOLだろう。それが悪いとは言わないが、その枠に収まる前に、自分はやりたいことがあるのだと。
馬鹿だ、と思う。それでいて、凄いとも思う。
雪の中で姉に対する何かが変わった気がした。

「それでも姉妹です3」へ続く。

スポンサーサイト




別窓 | エッセイ | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<それでも姉妹です3 | ブルームーン | それでも姉妹です>>

この記事のコメント

No.335 そりゃ
凄い姉さんですな。
雪ちゃんの頃はまだなんていうか
兄弟を比較して育てちゃ駄目だっていう感覚も無かった時代だから
そう感じてしまうのも無理ないよねえ。
自分の知り合いにも男じゃなくてがっかりされた子とかいるしね...
では続きを待ちますわ...
2008-01-15 Tue 20:36 | URL | ミュジニー #-[ 内容変更]

No.336
雪さんがお姉さまを羨むように
お姉さまに無いものを
雪さんが持っているのだと思います。
何があるのか、何ができるのか、
自分ではよく見えないものです。

我が道を行くお姉さまだからこそ
眩しく見えたのかもしれませんね。
恐れさえ見せずに。
2008-01-15 Tue 22:13 | URL | 十萌 #-[ 内容変更]

ミュジニーさんへ
凄く変わった人なんですよ、姉は。
姉妹と比較しちゃ駄目って言われても、ある意味一番身近にいる人なんでやっぱり如何しても比べちゃうんですよ^^;
名字をつぐ程の名家でもないんで、どっちでもいいと思うんですけど、後世に残してほしかったみたいですi-229

十萌さんへ
今はもう自分は自分だって割り切ってしまっているので、気にならないんですけど、多分単純に姉が羨ましかったんだと思います。
そうですねー。
姉には雪には絶対に真似できない部分が存在するんですよi-278
そんな部分はやっぱり今でも羨ましいなって思ってます^^
2008-01-15 Tue 23:13 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

No.339 不思議な不正義
小米雪さんへ~
 姉妹とは不思議ですね、(女と女)なのかとも思う。余り仲良しより、対抗していた方が成長することが多いのも確かです。
 感情的に憎みあわなければ、姉妹の張り合い理想的だと思います。その意味で、貴方たちは幸せだと思います!
2008-01-15 Tue 23:42 | URL | 荒野鷹虎 #-[ 内容変更]

No.340 荒野鷹虎さんへ
姉妹って不思議ですかね? 
うーん、生まれた時から当たり前に姉がいた雪には難しい感情なのかもしれません。
対抗していた方が成長することは多いのかも知れませんが、対抗せざる得ない状況はやっぱり辛いものがありました^^;
張り合いというよりもお互いのいいところを見ていけて、その上で競い合えたら本当に幸せなのかもしれないですね^^
2008-01-16 Wed 20:45 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |