キーワード出現率
ブルームーン 3・夢よりも儚い
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No  236

3・夢よりも儚い

 別れよう。

 そう決めたのはいつのことだったか。

 いつも会社を出る時にそう思って、君の部屋に入ると言えなくなる。

 なんて言って切り出そう?

 妻に勘付かれたんだ?

 お互いの未来のために?

 君なら他にいい奴がいるさ?

 そんなの全部綺麗ごと。俺が一番よく分かってる。

 だから言えない。

 君の顔を見ると何も……。

 

「いらっしゃい」

 俺がチャイムを押すと、君が嬉しそうに出迎える。

 あぁ、妻は何時からこうして出迎えてくれなくなったのだろう。

 初めて帰らなかった夜。妻は何も言わなかった。

 唯、目に涙を溜めて俺を見た。

 俺が、

「ちょっと同僚と飲んでたら終電がなくなったんだ」

 とバレバレの嘘を吐くと、妻は顔を歪ませた後、微笑んだ。

 その後、同じことが二回、三回と続いていくうちに、もう涙すら見せなくなった。

 静かな部屋。自分で開けるドア。

 それらが全て独身時代を思わせて、何時しか俺はこんな生活が当たり前になっていた。

 そんな時、ベッドで泣く妻を見た。

 固く目を瞑り、堪えるように布団を握り、ポロリと涙を落とした妻を見た。

 君は、俺の事なんか如何でもいいんじゃないのか?

 だから、何も言わなかったんじゃないのか?

「起きてたのか?」

 と尋ねると、

「今起きたの」

 と返ってくる返事。

 嘘であるとすぐに分かった。俺が触った布団はまだ熱を持ってなくて、妻がさっき飛び込んだばかりなのを物語っていた。

「何で、泣いてたんだ?」

 分かりきった質問を投げかけると、

「夢を見てたのよ」

 思いもよらぬ答えが返ってきた。

「夢?」

「ええ。待っても待っても、帰ってこない旦那を待ち続ける妻の夢」

 妻の言葉に背筋がゾクッとした。

 あぁ、なるほど。あの涙の意味は……

 俺がいることへの安心や、帰ってきたことによる喜びなんかじゃなく……涙を流さずにはいられないほどの怒りか。

 

「ねぇ、何を考えてるの?」

 女が俺のネクタイを解きながら尋ねる。俺はその手をやんわりと止めると、

「愛してるんだ」

 と呟いた。

「――私を……じゃないのは見てれば分かるわね」

 女は自嘲気味に笑った。

「あぁ。これでも俺は妻を愛してるんだ」

「そう」

 女はそう言うとネクタイを結びだした。

「もう来ないよ」

 俺がそう言うと、勝気な笑みしか見せたことの無い彼女の瞳から、ポロリと涙が零れた。

「さようなら」

 そう言いながら微笑む彼女はいつもの数倍綺麗だった。

 初めて見る彼女の涙に、俺は静かにドアを閉じる。

 別れの言葉を口にしたとたんに崩れたこの関係は夢よりもずっとずっと儚く、脆いものだった。

 

 

 

スポンサーサイト




別窓 | 韻遊び五題小説 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<4・目は逸らさない | ブルームーン | 2.洒落にならない>>

この記事のコメント

No.788
まいど~
よく男は船で女は港などと例えられますが、あちこちふらふらしても最後には戻って来て欲しいという切ない女心なのでしょうかね~
さんまさんの歌「真っ赤なウソ」の中に、どんなに男が偉くても女の乳房にゃかなわないというフレーズがありまして、昔なるほどなぁと感心した事を思い出しました。
女性は偉大ですね~Ω

阪神今日は負けましたが、兄貴金本が昨日死球ぶつけた木佐貫投手が謝りに来た時に、何ともないからどんどん攻めて来いと満面の笑みで木佐貫の肩を叩きながら気遣ってた姿には胸を打たれました、さすが兄貴と呼ばれる男ですねぇ~

まぁ兎にも角にも、何故か今日は昼も夜もカツ丼を食べたりした私でしたぁ∂
ではまた
2008-05-08 Thu 23:47 | URL | ヒポユキ #-[ 内容変更]

No.789 ヒポユキさんへ
まいどどうもw
船と港の例え面白いですね~^^
そうですねー。やっぱり最後には帰ってきて欲しいと思うかもしれませんw
さんまさんのこの歌はさんまさんの人柄に合わせた歌詞になってますよね~。
この歌はアルフィーが歌ってるのを見たことがありますw

阪神、残念でしたね~(>_<)
金本の兄貴は本当に男らしいですw

ヒポユキさんのコメントを読ませて頂いてると雪もカツ丼が食べたくなってきました^^;

ではでは、いつもコメント有難うございますw
2008-05-10 Sat 00:06 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |