キーワード出現率
ブルームーン 私の恋愛論
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No  24

私の恋愛論

今日は恋愛話について書こうかと思う。
恋愛のタイプってさまざまだなぁ、と友達の話なんかを聞いてると思うが、雪は一際変わっている。
ちなみに今まで雪の意見を分かるーっと納得した人はゼロである。
まず、雪の恋愛感で変わっているのが、彼氏が別に浮気をしてもよいということである。
周りからは、意味が分からないと言われるのだが、私には私なりにそれで理屈が通っているのだ。
これについて一つ言っておかなければいけないのだが、浮気はあくまで浮気であって、私が捨てられるとか、乗り換えられるとかいうことを認めている訳ではない。
私は自分が本命でさえすれば、相手に遊び相手が何人いようが、それが遊びであるならばかまわないと思っている。
私の友達はこれを淡白だとか、愛情が薄いなどと言うのだが、決してそういうわけではないのだ。
そりゃ、自分との約束を、
「今日○○ちゃんと遊ぶから、無理やわ」
なんて言われた日にはブチ切れて、女の子らしく平手の一発や二発お見舞いしてやりたくなるが……。
私が思うのは、どんなに頑張っても相手の全てを縛ることなんて不可能だし、人類の半分は女なんだから、女の子とメールしようが、遊びに行こうが別にかまわないということだ。
唯、本命は私であるというのが絶対条件なので、もし浮気相手と雪が同時に、「すぐに来て欲しい」という電話をかけた場合、優先されるのは自分でなければならないのだ。
そこだけは譲れない。
男友達なんかは、「お前みたいなやつはすぐ男に騙されるぞ」とか「口先だけで、お前が本命って言っとけばそれでいいんか?」なんて言ってくるが、全く分かっていないと思う。
違うのだ。
口先だけの言葉が欲しい訳ではない。
大切な人が笑うのが私の前でなくてもいいのだ。誰の隣りであっても笑ってくれるのならばそれでいい。幸せならばそれでいいのだ。
でも、泣きたい時や本当に辛い時に隣りに置く女を私にして欲しいのだ。
見栄なんて張らないで、かっこいいところなんて見せないで、唯情けない一面をさらけ出せる女が自分でありたいのだ。
「いい女とは」の記事で書いていたMさんはそういう女の人だ。
男の人を笑わせる女の人は世の中にたくさんいるかもしれない。
でも、男の人を泣かせてあげられる女の人は少ないだろう。
雪が望むのはそういうことである。
ある意味これは皆がいう独占欲なんかより、ずっとずっと贅沢なものなのではないかと雪は思っているのだ。

「私の恋愛論2」に続く
スポンサーサイト




別窓 | エッセイ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<私の恋愛論2 | ブルームーン | 忘れられない>>

この記事のコメント

No.25
あぁ、しんは変りものだから、その気持ちなんとなくわかるよ。
といっても、シンは浮気に関しては許さないけどね。
というより許せないんだけどね
浮気の定義が難しいとこだけど。

しんの場合は、
自分のもってないところを違う人に求めるのはありと思ってる。
でも、しんがどうやっても無理と思ったときに限るけどね。
なんの相談もなしにはダメ。
セックスに関しても愛情がなければOKって感じかな。
要するに仕事ね。まぁ、細かいこと長くなるので書ききれないけど、シンも変わり者だわ。

一番自分でこんなこと言ったら批判うけるのわかってるのが
人殺し、窃盗などもOKってことだ。
別にシンがやるわけじゃないけどね。
それを意味あるものとしてやってるならいいんじゃないと思っている。罪悪感があるのならNGだけどね。それならやるな!って感じ。

まぁ、シンも色々変わり者だわ。
2007-10-21 Sun 04:07 | URL | 見習猫シンΨ #ap6q.jK2[ 内容変更]

No.32
雪が浮気したいっていう意味はないんですけどね。
まぁ、されてもいいかな~と(^^;)

浮気の定義は確かに難しいです。
人によってはメールとかもアウトらしいです。一番凄かったのが、目を合わせたらアウト……普通に無理ですよね^^;

>人殺し、窃盗などもOKってことだ。
わぁー、おっきくでましたね(笑)
罪悪感があればやっちゃ駄目って、なんか深いです。
意味あるものとしてですか? うーむ。

2007-10-21 Sun 14:13 | URL | 小米雪 #-[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |