キーワード出現率
ブルームーン 犬も歩けば犯人をあてる2
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No  357

犬も歩けば犯人をあてる2

さてさて、連載小説二日目です。
小説の連載中にイラストや文章を書き溜めておく予定なのですが、今のところその兆しも薄く、書き下ろしの更新は何時になることやら^^;
とりあえず、連載頑張ります(笑)

小米雪


『犬も歩けば犯人をあてる』
〈第二回〉

――血……よね?」
 葵は困惑した表情のまま自分の手を見つめていた。
「ギャウ、ギャウ」
 私の怒っているような声に、葵ははっと気がついたようで、ようやく玄関へと走った。
 葵についていき、一緒に玄関から出た私は一目散に上の階へと走った。
 マンションの廊下では犬をハーネスなどで繋ぐことという規定があるのだが今はそれどころでは無い。
 私は先に目的の部屋の前(葵の部屋番号が302号室なので402号室だ)につき葵がベルを押すのを見ていた。
 返事はない。葵はもう一度ベルを押し反応を待っている。やはり返事はない。
 私は嫌な予感に捕われた。それは葵も同じらしく、葵はその部屋のドアのぶに触れた。
 ガチャ
 開いた!
 私はドアを開けて入るべきか悩んでいる葵を置いて、ベランダへと走った。
 何だ?
 私は驚いた。

 そこには真っ赤な血を広げながら横たわった女の死体が……なかったのだ!

 女でないなら男の死体があったのか?  というような初歩的な質問は無視するとして、そこには何もなかったのだ。

 そう、血の一滴さえも。
 あれだけ下の階に血を垂らしていたというのにどういうことだ?
 現状を整理すると、葵の手に血がついたのは事実である。しかし、402号室には死体どころか怪我人すらいない。これを考えると……悪戯か?
「ワフッ」
 私は気のぬけたサイダーの様な声を出した。
「何だったのかしら? ねー、ふーちゃん」
 何度も言うが私の名前は二葉である。
「あっ大変! 他人の部屋に無断で入ってるんだもの。不法侵入だわ!」

 ふほうしんにゅーとは何かわからないが葵がえらく慌てているので私も慌ててみた。
「こら! ふー、何遊んでるの! すぐに出ていくわよ」
 いえ、遊んでいません。

 私の言葉がわかったのかは知らないが葵は私を抱き抱えると小走りで自分の部屋に戻った。
「危なかったー」
 たいした速さでもなかったのだが葵は肩で息をしている。
 葵は自分の部屋のドアノブを回した。よく考えたら鍵をかけずに飛び出してきたのだ。

 私は部屋に戻ったとたんに、部屋に漂う匂いに気付いた。

 これは……?

「キャー!」

 葵のけたたましい叫び声が聞こえて私は葵の元へ走りよった。

 何故だ!

 葵は先程まで私と葵が寛いでいたリビングで腰を抜かし座り込んでいた。

 リビングは部屋を出る前と何ら変わりないように思えた。

 ある一点を覗いては。

 唯、リビングのソファには胸に深々と包丁が突き刺された男が座っていたのだ。

 その男は犬の私から見ても到底生きているようには思えなかった。

 部屋のベランダからは何故かしらサイレンの音が聞こえた。

 

 『犬も歩けば犯人をあてる』 第三回へ続く。

 

スポンサーサイト



別窓 | 犬も歩けば犯人をあてる | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<犬も歩けば犯人をあてる3 | ブルームーン | 犬も歩けば犯人をあてる>>

この記事のコメント

No.1155
まいど~
いよいよ謎が分からなくなってまいりましたw
不思議だぁ~

まぁ兎にも角にも、虎のCSテレビ放送北海道ではなさそうな感じです・家のテレビはBSもついてないから辛いなぁ~大阪は虎の放送いっぱいあって羨ましいですよ~
ではまた
2008-10-17 Fri 00:53 | URL | ヒポユキ #-[ 内容変更]

No.1156 ヒポユキさんへ
まいど~^^
雪が書いたものの中では連載ではありますが、短い類ですので、割とあっさりとしてるかもしれません^^;
楽しんでいただけているのなら幸いですw

虎のCSテレビ放送ないんですかー。
残念ですねi-227
明日からの虎の試合ヒポユキさんの分まで応援しながら見ますね^^
それにしても、今日はハムが西武にやられちゃいましたねー(>_<)
西武戦まだ初戦ですし、これからがリベンジですよね^^
虎対ハムが実現するように頑張ってほしいです^^
ではでは
2008-10-17 Fri 23:25 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |