キーワード出現率
ブルームーン 犬も歩けば犯人をあてる9
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No  366

犬も歩けば犯人をあてる9

学校からの帰り道、妙な頭痛に悩まされました。
うちの大学で風邪が流行っているので、それの前触れかもしれません^^;
早く寝なくちゃと思いながら、ブログを更新してる雪ですが、こうやって体調が悪い時帰れる家があるのが凄くありがたいなぁーと感じます。
通学に二時間程度かけているのですが、二時間かけてでも家に帰れば面倒見てくれる人がいるのはやっぱり嬉しいものです。
母のありがたみなんかは二十歳を過ぎるとある程度分かっているつもりではありますが、それでもこんな時は特にその存在が嬉しいものだなぁと思います。

小米雪


『犬も歩けば犯人をあてる』
〈第九回〉

「大丈夫かなー。刑事さん」

 葵は心配そうに部屋の真上を見つめた。

 私も同感と言う意味を込めて、

「フーッ」

 と空気のような音を出した。

「ヤクザ屋さんに罠を仕掛けるなんてやっぱり無茶じゃないかしら?」

 罠が如何のこうのより、「ヤクザ」に「屋さん」とつける葵に私はある意味感心していた。

 私はごろんっとカーペットに横になった。

 キラッ

 ん? アレは何だ?

 私はソファの下に光る何かを見つけた。埃まみれだが確かに今何かが……

「ギャンギャン!」

「わっ! きゃ! ふーちゃん脅かさないでよ! 何? 何か見つけたの?」

「ワンッ!」

 私はソファの奥に見えたある物を加えて葵に差し出した。

「これって……」

 

「で? それは何ですか?」

 館山は薄気味悪い笑みを浮かべながら尋ねた。

「ボタンです」

「ボタン?」

「はい、あなたはあの部屋にボタンを落としていました」

「ハハハハハッ! とんだ茶番だ! 私はあの部屋に落し物なんかしておらんよ! そんな初歩的なミスを犯すわけが無いだろ? それを証拠に私の服のボタンは……」

 館山はそこまで言うとハッと口を噤んだ。

「お前……」

 館山はさっきまでとは表情を一変させて山口を睨み付けた。

「部屋に入ったことは認めるんですよね?」

 山口はニヤリとしながらそう言った。

「はっ! そんな脅しが裁判所で通用するものか! それよりいいのか? こんな事をして、如何なると思ってるんだ?」

 館山は何とか威厳を保ちながらそう言い返した。

「如何なるとも思っていません。唯、これを鍵にあなたの部屋のルミノール反応さえ取れれば自ずと証拠は出てくるでしょうから」

「私は何も言っていないぞ」

 館山は山口を睨みつけるとそう言った。今の館山にさっきまでの余裕は全くと言っていいほどなかった。

「そうはいきません。最近の携帯電話は高性能に出来ておりまして、さっきまでの会話が全部録音されています」

「何だと?」

「では、失礼します。後ほどまたご協力願います」

「ちょっと待て! おい!」

 館山が部屋に向かってそう言うと部屋から何人もの男が出てきて山口を取り囲んだ。

「如何するおつもりですか?」

「簡単だ。此処でお前の口を塞いでしまえばいい……中に連れて行け!」

 館山が男達にそう言うと山口は両側から手をとられてしまった。

「刑事さん! 刑事さん! あったんですよぉ! 証拠が!」

 男達は走ってくる女の場違いな声に一瞬呆気に取られた。

 この女勿論、葵である。

 葵はこの場の雰囲気を気にもせずに山口の側へとよると、私の見つけたものを山口に見せた。

「この指輪は?」

「うちの家のソファの下から出てきたんです! 見てください、此処! MINORU・T。ねっ、これってこのヤクザ屋さんの名前でしょ?」

「おいっ! 何だこの女は!」

 邪魔が入ったのに腹を立てた館山が部屋の奥から顔を出した。

「すみません! 何だか変な女がやってきて……」

 山口を取り囲んでいた男の一人がそう言った。

「いいから、二人とも連れてくるんだ。仲良くスルメにしてやる」

 館山はそう言うと葵の方をちらりと覗いて、

「お嬢さん、いらぬ事に首を突っ込むのはあまり感心しないよ」

 と言った。

「刑事さん? 如何いうことでしょう?」

「いえ、あの……」

 さすがの山口もがたいのいい男達に囲まれてピンチの時に、こんな事を言い出す葵を呆れた様に見つめた。

「さぁ、痛い目見たくなかったらさっさと中に入ってもらおうか?」

 男の一人がそう言って、指をパキパキと鳴らす。

「何で?」

 葵は無邪気にそう尋ねた。

「何でっておめー……なぁ」

 男は調子が狂ったらしく、隣の男に相槌をうっている。

「とにかく中に入れようぜ。また兄貴に怒られる」

「おい! このお嬢さんは関係ないだろ?」

 山口が声をあげた。

「そういう訳にはいかねぇよ。兄貴の言いつけだしなぁ」

「俺だけいればいいじゃないか!」

 山口は葵を自分の後ろに隠しそう言った。

「でも、兄貴が二人ともだって言ってたんだから、二人とも連れていかねぇと」

「兄貴、兄貴ってばっかみたい」

 葵は両手を命一杯伸ばして背筋を伸ばすストレッチをしながらそう言った。

「えっちょっと河野さん!」

 山口は焦って葵の方を向いた。

 私は葵のある特技を知っているので、その光景をわくわくしながら観察することにした。

「何だと、この尼!」

「兄貴がいないと何にも出来ないわけ? 呆れちゃうわ」

「こんにゃろー! 言いたいこと言いやがって!」

 そう言うと男の一人が葵に殴りかかった。

『犬も歩けば犯人をあてる』〈第10回〉へ続く。

スポンサーサイト



別窓 | 犬も歩けば犯人をあてる | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<犬も歩けば犯人をあてる・ラスト | ブルームーン | 犬も歩けば犯人をあてる8>>

この記事のコメント

No.1169
まいど~
頭痛大丈夫でしょうか?私も数日連チャンで偏頭痛薬飲んでます
母のありがたみは遠く離れても近くに居ても感じるのですが、なかなか照れくさいもので(笑)

小説もいよいよラストのパワーモードに突入ですね~

まぁ兎にも角にも、巨人のホームラン攻勢は凄いですが、落合監督のお惚けぶりは不気味な強さを感じます
ではまた
2008-10-24 Fri 00:17 | URL | ヒポユキ #-[ 内容変更]

No.1170 お久しぶりです☆
ゆっきー!お久しぶりです。
えと……都築から名前が変わりました。都築夏樹です。
報告が遅くなってしまいましたが、ブログも新しくなりました(^◇^;)
良かったらまた遊びに来てください☆
2008-10-24 Fri 22:24 | URL | 都築夏樹 #MmGjmmgY[ 内容変更]

ヒポユキさんへ
まいど~^^
やっぱり風邪だったらしく、風邪薬を飲んで睡眠をたっぷりとったら楽になりましたw
ヒポユキさんも偏頭痛大丈夫ですか?
はいw ありがたいとは思ってるんですけど面と向かって有難うを言ったことは殆どないです^^;
どうも照れくさいですよねー。

小説の方もあと少しなんで最後まで連載頑張りますね^^

巨人も激闘の末、日本シリーズに大手をかけてますねー。
とは言っても、引き分けですので、まだまだどうなるか分からないですよね^^
ではでは


都築ちゃんへ
お久しぶりです^^
お名前も変えられたんですねw
新しくなったブログさっき少し覗かせてもらいました~^^
また遊びに行かせてもらいますね!ヽ(^◇^*)/

2008-10-24 Fri 23:18 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

No.1175
ゆっきー!
ブログに遊びにきてくださって、ありがとうございました(^-^)
リンクの件もありがとうございます♪
これからも宜しくお願いしますね☆
2008-10-27 Mon 10:14 | URL | 都築夏樹 #MmGjmmgY[ 内容変更]

No.1179 都築ちゃんへ
いらっしゃーいw
いえいえ、こちらこそ訪問感謝です^^
早速リンク貼りなおしちゃいましたよw
はい! これからもよろしくお願いしますi-278
2008-10-27 Mon 23:32 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |