キーワード出現率
ブルームーン だから紙の塊を愛してます1
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No  377

だから紙の塊を愛してます1

以前にも少しだけ話したかもしれないのだが、小米雪は本が好きだ。
だからといって頭のいい、インテリになれた……というわけでは勿論なく、むしろ勉強の方ではなく本から得られる雑学的な話が凄く好きなのだ。
高くても数千円程度で色んな世界を覗けることが好きで、なんとも言えない満足感を与えられている。
何でこんな話を始めたのかというと、最近本屋に通いつめていて思ったことがあるのだ。
雪のお気に入りの書店は七階建て(八階建てだったのだが、最近最上階がなくなってしまった)で、どの階にも大量に本が置かれている。
この階はこの棚が置かれてて、この階はこの棚。本たちは決められた場所でひっそりと並んでいる。
其処は一種の森のようで、本屋に行くと最上階からエレベーターは使わずに階段で一階ずつ降りていくことにしている。
興味のあるなしは勿論あるが、それでも唯黙々と陳列している本を眺めるのが好きなのだ。
分厚い本を読む前に意気込むのが好きで、読み終わった後の、「読んでやったぜ!」というような達成感が好きだ。
よく小学生の読書離れが進んでいるなんて話を聞く。
それと関係があるのかは分からないが、今本屋を覗くと、ネット小説で書かれたものを書籍にしたものが人気である。
若い世代が本を読むきっかけとして、まずその本を手にとってもらおうという意味なのかも知れないが、こんなにも素敵な本があふれている世の中で、あまりにも勿体無い話であると思う。
だからと言って、ネット小説が悪い! と言っているわけではないのだ。
そりゃ、本屋に足を運んで、大量の本の中から目的の情報を含む書籍を探すことに比べたら、インターネットの海で検索一つかければ居所が分かる、ネット小説や情報は魅力的であろう。
だが、其処からは決して味わえないものが本にはあると雪は思っている。
例えば、こんな質問をしてみよう。
『あなたの人生の一冊はなんですか?』
雪と同類で本が好きでたまらない人ならば、今まで読んだ本を思い返して頭を悩ませるのではないだろうか。
逆に本を全く読まないという方でも、小さな頃に読んでもらった絵本なんかを思い出せるのではないだろうか。
誰かにプレゼントされた本や、その時の自分の気持ちにジャストフィットした本があるんじゃないだろうか。
そこで疑問が生じたかも知れない。その様な言い方なら、別にネット小説だっていいではないかと。
そう思った方は、きっとまだ人生の一冊には出会ってないのだろうと思う。
その様な方にはこう言いたい。
本は内容だけを読むものではないのだ。
例えば、人生最大の失恋をしたとする。
哀しくて、哀しくて立ち直れないとする。そんな時、あなたの手元には一冊の本があった。
幸せな恋愛話でもいいし、馬鹿馬鹿しいギャグ漫画だっていい。
それとも意味のない知識本でも、とにかく何でもいいのだ。
その本をあなたは手に取る。
一ページ、一行、一文字と言葉を追っていくうちにあなたは何時しか本の世界に迷い込み、気が付けばそれは最後の言葉だった。
読み終わった後、その本はあなたにとって本の内容以上に色々なものが含まれているのではないだろうか。
そんな本は何年たっても色あせることがないのだ。
読み直したっていいし、そんなことしなくたって、その本の表紙を眺めたり、手にとって本の重さを確かめるだけで、其処には本を書いた著者の思いだけでなく、その時の自分の思いも含まれるのだ。
だから、本は内容だけを読むものではないのだ。

『だから紙の塊を愛してます2』へ続く。


スポンサーサイト




別窓 | エッセイ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<だから紙の塊を愛してます2 | ブルームーン | 諦める>>

この記事のコメント

No.1203
まいど~
本の存在価値って、目の前に実際に有るっていう感じかなぁ
ネットだと遠い所に有る感じがします
音楽もレコードの存在感って凄かった気がします

まぁ兎にも角にも、西武の日本一は久々にザ野球を見た感じで、元虎戦士の平尾がやってくれましたね~いつもはアンチ巨人ですが、最後まで戦い抜いたG戦士達(特に年俸安い若者達)にも拍手したいです、日本プロ野球の最後の試合は毎年切なくなりますが、爽やかなレオ軍団に夢と感動を戴きました
ではまた
2008-11-10 Mon 00:51 | URL | ヒポユキ #-[ 内容変更]

No.1204 ヒポユキさんへ
まいど~^^
そうですねw
そこにある。というのは確かに本の魅力の一つですよね^^
ネットだと遠いところにあるって言うのもそうなんですけど、記憶に残るものが内容しかないというのが少し寂しい気がします。
レコードにしたってそうですけど、色んな機械が進歩して、小型化が進んで、音楽なんかデータ一つで聴けるようになってきましたが、便利である反面やっぱり寂しいなって思います。自分の生活と共に其処にあることって実は凄く大切なのかも知れませんねw

本当に、日本シリーズではこれが野球! というような試合を見せてもらえたと思いますw
二チームとも素敵な試合を見せてくれたことに感謝です^^
本当に今年はとことん楽しめました!
ではでは
2008-11-11 Tue 00:33 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |