キーワード出現率
ブルームーン Le Petit Princeへ 2
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No  433

Le Petit Princeへ 2

この記事は『Le Petit Princeへ』の続きになります。

例えば、雪が彼に告白する引き金になった一言がある。
クリスマスに彼がある箱を見ての一言だ。
「この形、宝箱みたいじゃない?」
自分自身、箱は箱だと思ったし、宝箱なんて発想が出てくると思わなかったので、フッと頬を緩ませてしまった。この人いいなぁー。そう思わせてくれる一言だった。
唯、そんなことをどうやったって数字には表せないのだ。
星の王子様の謳い文句のようなものでよくこう言われる。
「大切なものは目に見えない」
本当にそうなのだろう。以前に、イベントごとの手伝いをアルバイトでしたのだが、その時に自分とは一回り以上歳の離れた男の人から交際を申し込まれたことがある。失礼な話ではあるが、自分の中で其処までの歳の差をどうしても恋愛対象としてみることが出来なくて、その場でお断りさせていただいた。
唯、その時に周りの子たちがこういったのである。
「あの人、この会社の課長さんやでー。一流企業やし、顔も格好いいし、何があかんの?」
その時に、常識的に無理でしょ? っと思ったのだが、その男性を年収やルックスで判断したその子達と、年齢で判断した雪はある意味において同じなのかもしれない。
もし、東大卒で年収が一千万円で身長が180cmで連絡がまめな男性ならば、皆OKするのだろうか。
でも、その人から学歴とお金をとってしまったら残るものは一体なんなのだろう。
昔の結婚相手の条件に三高というものがあったそうだ。
「高学歴・高収入・高身長」これらの条件を満たしていたら果たして幸せなのだろうか、とそう悩んでしまう。
目に見えないものが何を意味しているのか、今の自分には分かっていない。
勿論、上記のような相手を連れてきたら、周りの人は凄いと羨望の眼差しをむけるのかも知れない。
唯、自分が楽しいのは周りに見栄を張れるその一瞬だけである。
星の王子様で王子様の台詞でこんなものがあった。
「君って大人みたいな話し方するね」
これはボクが飛行機の修理をしている最中に『自分のバラ』について相談してきた王子様に対して、「ボクは今大切な仕事をしているから君の話にはかまっていられない」と言った後の一言である。
大人は数字が好きで、大人は目に見えるものが好きで、大人は目の前に見えているものを大切なことだと思い込む。
何だか、色んなことを悩めば悩むほど、自分はこの本でいう大人になってしまっているのだと、実感した。
恋愛でも、勉強でも、何でも。
いつの間にか見栄を張ることを覚えて、いつの間にか意地を張ることを知っていた。
何時しか目に見えるもので計れるものにしか興味がなくなっていて、何時しか数字無しでは生きられなくなっていた。
フッと笑ってしまう。
少しだけ、ほんの少しでいい。子供に戻ってみようか。
この本を読んでいる時、何となくそう思えた。
目に見えないものを見てみたくなったのだ。昔のように自分の中の価値観を探してみたくなったのだ。
他の誰から見てもガラクタな物が自分にとっては一番の宝物だった。
そんなものが欲しくなったのだ。
それを考えていた時ふと思いつく。
たった一つだけあった、自分が大人でいられないものが。と。
恋をして相手のことを考えているときだけ、其処にあるのは自分の物差しだったのだ。
人は誰かを好きになることで、子供に戻ろうとするのかも知れない。
そして、人が恋をするのは、そのことが素敵で輝いているのを知っているからなのだろう。
皆様も一つ子供に戻ってはみないだろうか?
盲目になることで見えるのは相手でも何でもなく、本当は新しい自分自身なのかもしれないのだから。

『Le Petit Princeへ』・完

スポンサーサイト




別窓 | エッセイ | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<小噺はじめました。 | ブルームーン | Le Petit Princeへ>>

この記事のコメント

No.1379
雪らしいというか、なんというか。久しぶりに雪に会った様な気がしました。雪のこーゆー考え方は私にはないものだから聞いていると新しい世界が開けるようで楽しいです。また大学でたくさん話そうね。ではでは
2009-03-24 Tue 09:49 | URL | あーや #-[ 内容変更]

No.1380
まいど~
三高の条件、ありましたね~家付きカー付きババア抜きとかね~懐かしいですw
自然と好きになる事は誰にも止められないですよね・周りを気にせず突き進んでいけたら良いですね

まぁ兎にも角にも、見事な侍JAPAN優勝・虎フアンとして宿敵の巨人の原監督なのですが、選手を選ぶ時に誰と失敗したら納得するだろうかとばかり考えてたみたいで、ちょっと認めざるを得ない素晴らしい人間だと思いました
ではまた
2009-03-25 Wed 18:48 | URL | ヒポユキ #-[ 内容変更]

あぁやへ
うちらしいんかな?
うーむ、何所か頭ぶっ飛んでる辺りがうちらしいような……(笑)
魚座は暴走妄想族らしいからw
うん! 研究室も今年中(!)には近くなるそうやから、お昼でもご一緒しましょうw
ではでは


ヒポユキさんへ
まいど~^^
三高といい、この条件といい、聞いた時に思わずフッと言ってしまうくらい的を得ている気がします^^;
その人の持っているものを好きになるなら、三高なり何なりは大切かも知れないですけど、やっぱりどんな人でも好きな人と一緒にいたいものです^^

本当に侍ジャパンV2達成見事でしたね!!
イチローも神がかってましたよw
原監督も本当にライバルの監督ながら、見事な試合を見せてくれて、素敵でした^^
ではでは
2009-03-27 Fri 12:26 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |