キーワード出現率
ブルームーン 柿の種
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  462

柿の種

棄てた一粒の柿の種 生えるも生えぬも 甘いも渋いも 畑の土のよしあし
【柿の種 寺田寅彦】

大学院に入学して、3ヶ月たった。早いと言ってしまえば早いのだろうが、正直なところよくわからない。
自分の中の時間軸は着々と進むのがわかるのだが、それでいて周りの時間軸が進んでいることを受け入れられない、複雑な気分である。
はて、大学を卒業して他のみんなはどうしているのだろうか。そう思ったところで、確かめるすべも時間も持ち合わせていないのが寂しいところである。
さて、勉強は大切だが、もとよりそこまで熱心なほうでもないので、ほんの少し人道を外しかけたお話でもしようかと思う。

大学院というところは実に難解な場所である。
特に雪が所属している場所は年齢層が広く、人数が少ない。それだけに学び方や人生のバックグラウンドが広く、人付き合いも大学生と同じというわけにはいかない。こと男性に関しても。
一応、現在の彼氏とは今のところ大きな問題もなく、4.5年後くらいに将来のことでも考えれたら御の字と言ったところである。まぁ、あくまで口約束であるが。。。
それはさておき、恋人がいても人間とは厄介なもので、ふっと他の人にときめく浮気心を持ってしまったりする。
雪なんかの場合だと頭のいい男性(あくまでも勉強ができる人ではなく頭のいい人である)が好きな所為で、男性の気のきいた冗談にものすごく弱い。
とある同級生の話である。向こうのほうがいくつか年上であるがお互い新卒で、現在では一番仲のいい男の子である。
凄く雰囲気のいい人で、学業もさることながらものすごく気が利いて、とにかく頭が回る。
どことなく自分の彼氏と似ていて、容姿も雪好みであるのが厄介であった。
初めて会ったときに、「浮気したい」とか、「彼氏と別れたい」とか、「恋が始まりそう」とかそういう妄想を抱いたわけではないのだが、ただ何となく彼女がいないといいなぁー程度の感情は持ったことを覚えている。
入学してまもなく、自分の中のやじうま根性があることに気がついた。
指輪だ。
学部時代に雪自身憧れは持っていたが、決して買うことの無かったシンプルなシルバーの指輪。所謂、ペアリングというやつである。
あぁ、彼女居るんだー。
単純にそう解釈したのだが、つけてる場所が左手の薬指だったのだ。
「指輪してるねー」
気になって尋ねると、
「あぁ、俺結婚して子ども居るから」
とハニカミながらの返事が返ってきた。
その時の驚きといったら言葉では言い表せなかった。ショックというのか、ただ驚いたというのか。
取りあえず、既婚者に手を出す気は毛頭に無いので(独身でもなかったが^^;)、お友達としての付き合いであるが、人数が少ないと仲良くするしかないのが切ない。失恋もどきの経験をしたのだから距離を置かせてほしいものである。
ただ、彼から奥さんやお子さんの話を聞いていると、ふっと思うものがある。
単純にうらやましいという感情なのだが、この人と結婚している奥さんがうらやましいではなく、この人が持っているものがうらやましいと思うのだ。
何というのか、彼が自分で作り上げた彼の守るべき場所であり、その場所がきちんと形として存在していることがうらやましいのだ。彼の人柄や容姿ではなく、今この人が持っているものや立っている場所に純粋に憧れたのだと思う。
ふと、自分の恋人にいう。
「今ね、同級生に凄く格好いい男の子がいるの。高学歴で、スポーツ万能で、気が利いて、頭もいいんだよ」
「はぁ!?」
面白いぐらいに、驚いた顔が返ってくる。こういう素直な反応はこの人付き合ってないと見れない利点である。
「結婚しててね、お子さんもいてね、凄く格好いいんだー」
「……ふーん、既婚者ね」
安心したような、それでいて訝しげな表情が面白い。
「仕事はしてないけど、奥さんのこともお子さんのことも凄く大事にしててね、自分もあんな風になれたらいいなぁーと思って」
「んー?」
頭にクエスチョンマークが浮かんでいるので、一つ止めを刺してやる。
「いつかちゃんと自立したら、君のこと守りたいって意味だよ」
少し間があって、「それって逆じゃないの?」なんて笑いながらの返事が返ってくる。
付き合って1年半。愛情も増してるが、何よりも彼の扱いがうまくなってきた自分に気がついてニヤリとしてしまう。

棄てた一粒の柿の種 生えるも生えぬも 甘いも渋いも 畑の土のよしあし

彼が畑か、私が畑かどちらも甘い柿の実がなればいいのに……隣で笑う彼を見ていつもそう思っているのは、有言実行できるまでの秘密である。



スポンサーサイト

別窓 | エッセイ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<夜明け | ブルームーン | 君はパパの子2>>

この記事のコメント

No.1476
大丈夫、雪の柿は絶対甘い。。。あれだけ惚気られたんだから(笑)!!

ゆみちゃんやゆうちゃんやお嬢は元気だょ★(最近会った)みんなで会ぃたぃねぇって話してたんだ♪

ねぇ、雪?またいつか、みんなで会いたいね(^^)それでまた笑い合えたらいいねぇ★
2010-07-15 Thu 20:10 | URL | あぁや #-[ 内容変更]

No.1477 あぁやへ
今でもいくらでも惚気られそう(笑)
まぁ、聞いてくれる人がいない分、妄想の世界ですが……^^;
こんないい人が何でうちと付き合ってんのか頭を悩ませる日々ですよw

本当、会いたいなぁー。
夏休みにでも時間作りたかったんやけど、セミナーやら学会やら実習やらで全部取られちゃって^^;
絶対に時間作って会いに行くのでうちのこと忘れないで待っててください!!!(笑)
2010-07-18 Sun 22:55 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。