キーワード出現率
ブルームーン それでも産みますか? 3
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No  48

それでも産みますか? 3

この記事は「それでも産みますか?」   の続きになります。


少し話題はずれてしまうかも知れないが、障害に対する差別。
それについて考えて見た。
これはどこの国でも多かれ少なかれ存在する。
バリアフリーだとか、色んなことを言ってみても、障害があれば暮らしにくいのは確かである。
どうなったら差別がなくなるのか。
以前にアルバイトで出会った男の人が言っていた。
「もし、テレビのドラマなんかで通行人の訳として車椅子や障害のある人を出すことが出来たら、それは差別をしていないことになるんじゃないだろうか」
障害のある人がテレビに出る場合、必ずと言っていいほど主人公になってしまうのだ。
これを、全くストーリーに関係の無いエキストラとして、障害のある人を出すことができるのならば、それは差別が無いと呼べるんではないだろうか。
彼はその様なことを言っていた。
確かに雪もそう思う。しかし、そう思う反面、それが絶対無理なことであるというのも分かっている。
障害があるから産むかどうか悩む。
それは障害のどこに悩んでいるのだろう。
当たり前のことを当たり前にできないこと? 自分の面倒が増えてしまうこと? 周りの目が厳しいから? 
それならば、当たり前のことが出来て、面倒が増えることが無く、周りの目が厳しくなければ悩まないのだろうか。
なんとなく、それも違うと思う。
いや、上記の条件を全部クリアすることなんて無に等しいが、それでも、それをクリアできたからといって悩まないとは言えないだろう。
生まれた瞬間から背負っている、人とは違うハンディはそれだけで子供に辛い思いをさせてしまう。
他の子と同じものを与えてやりたかった、という罪悪感だってある。
でも、障害がないからといってハンディが無いとは考えられない。
勉強が出来ないかもしれないし、運動が出来ないかもしれない。
モテないかもしれないし、人を愛することが出来ないかもしれない。
本当は人一人をこの世に生み出すことをもっと考えなければいけないのかも知れない。
障害がある、無いではなく、人が誕生するということについて悩まなければいけないのかもしれない。
事実、障害が無くても、生まれて来たことを後悔してしまう人がいる。
とても寂しいことだが。
障害があるから幸せに出来ない。
そう考えてしまうこと自体が間違いなのかも知れない。
でも、やはりそう考えざる得ないのだろう。
人はいつでも幸せになれない理由を探しているような気がする。
ここがもう少しこうだったら幸せになれるのに。
そうやって自分の人生に言い訳してるのかもしれない。
お腹の子に障害があるという問題で色んなことを考えた。
障害に対して、幸せの定義、生きるということ。
色んなことを考えた後、やっぱり雪は産んでみたい、そう思った。
悪い言い方をすれば、自分の力を試してみたいのかもしれない。
雪は少しワクワクするのだ。
いつか出会うかも知れない自分の子のことを考えると。
その子が「生まれなければよかった」と言ってしまうと、勿論悲しい。
でも、その子が「産んでくれてよかった」と言ってくれると、勿論凄く嬉しいのだ。
もっと簡単に考えてみようかなと思う。
生まれるであろう子供がどちらの言葉を選ぶかは半々だ。
それならば、雪はやっぱり賭けにでる。
人生で一番大きな賭けに。
例えその子に障害があろうが無かろうが。


それでも産みますか?・完

スポンサーサイト




別窓 | エッセイ | コメント:7 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<笑顔 | ブルームーン | それでも産みますか? 2>>

この記事のコメント

No.107
差別は色んな形で 現存していますね。
イジメだって パワハラだって 一種の差別です。
結婚差別もあれば、 学歴差別もあったり。
どうやったらなくなるの?
なくなるものでしょうか?
押さえ込むことはできるかもしれないですね、法律の強化で。
いつの時代も 上下関係があって 貧富の差があって、力や能力の差があるから 根本的になくならないものだとおもうんですよね。
ハトのお話で、
足の不自由なハトを『 かわいそうだね 』という親子がいて、 一方で『 頑張ってるね 』という親子がいたという話を読んだきおくがあります。後者の考え方を推奨するないようでした。
が、私は 前者の気持ちも大切だと思うのです。
哀れみは あいてのプライドを傷つける、私は不自由とは思っていないのだから。
それも分ります。
『 強者が弱者を手伝い 助ける事 』
『 持っているものが 持ってないものに分け与える 』

かわいそうだから助けたい、という哀れみの気持ちは 人が大事にしていかなければならない気持ちだとおもうのです。
わたしも困っている時は 助けて欲しいと素直に思います。
困ってる人や 不自由な人を見て、貴方には障害はあるけど 同じにんげんなのだから 頑張りなさい、わたしが貴方なら それくらいじぶんでやるわ!
ともうけとれてしまうんですよねえ。

ゆきちゃんの 意志も考えにも 頷けます^^
人を苦しませたい、悲しませたいという負の感情以外は 全てわたしは賛成です。

ゆきちゃんなら きっといいお母さんになると思います^^


またまた 長々とごめんちゃい><;
2007-11-06 Tue 07:26 | URL | ヨヨ子 #-[ 内容変更]

No.109 ヨヨ子さんへ
差別がなくなることってきっと無いんですよね。
難しい問題です。
無くなればいいな、そんなことしちゃ駄目だ。
子供の頃の道徳の時間なんかによく言われました。
でも、そう言ってるだけでなんの行動にも出ていないのが今の現状です。
いくら小学校で道徳教育をして、作文や感想を書かせて、提出させたところで、そこにあるのは模範的な唯の文章です。
本当に、差別は駄目だ、無くしたい、如何すればいいのかと考える子が何人いるんでしょうか。
つい先日、こんなことがありました。
うちの犬の散歩をしている最中に、小学校の窓からうちの犬を見つけた子供が、「犬だ!!」といいながらシャーペンの芯の入っているケースを三階から投げつけたんです。
子供だってそんなことすれば危ないのは分かってるはずですよね。
それでも、そういうことが起きるんです。
凄く不思議だなと思います。
悪いことを悪いと分かっていながら行われる行為。
イジメとかパワハラとか差別とか全部そうですよね。
誰もいいことだなんて思ってないんです。
それでも、何故か起こってしまう。何が悪いんだろうと考えてしまいます。

ハトのお話、雪もそう思います。
強者が弱者を助けること、持っているものが持っていないものに分け与える。
唯、私はあなたにあげるんだ! という意思表明をしながら分け与えるのではなく、至極当たり前のようにそれができるようになれば素敵ですよね。
助けてあげるというよりも、それをすることが当たり前と思えるような人になりたいです。
障害の有無に関わらず、やっぱり辛い時には誰かに助けてもらいたいですもんね。
頑張るって凄く簡単で、凄く難しいことだと思うんです。
自分では精一杯やってるとしても、他の人から見ればそれはたいしたことじゃなかったりとか。
だから、頑張ってるってことを認めてくれた上で、辛いところは助けてあげるからと、痛みや辛さを抱えてくれたら、つらいことも乗り越えられるんじゃないかなと思います。

>ゆきちゃんなら きっといいお母さんになると思います^^
ありがとうございます!!^^
でも、ヨヨ子さんには負けますぜぇい(笑)

>またまた 長々とごめんちゃい><;
こちらこそ! こんな倫理問題につき合わせてしまって!!
ヨヨ子さんのコメントいつも色んなことを考える参考になっていますw
ありがとうございました!!
2007-11-06 Tue 23:19 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

No.223
赤ん坊難しいねぇ。
シンは、生まれてくる子の障害の度合いによるかなぁ。
すぐ死ぬために産まれるのは疑問に思う。苦痛もありそうだしね。。
植物人間状態とかもね。生きていて楽しいと思ってくれるのかどうかがわからない。

うーん。
でも、産んでみようっていうかなぁ。
生命が誕生したのは意味があるはずだからね。言うかもなぁ。うーん。
しんも現段階では、はっきりと言えない。。
生きて生活できるレベルならいいんだけどね……。難しい。
産まれてくる子供の声が聞こえたらいいのにね。
産まれたいと感じることができたら、産んでみようと必ずはいう。
セミのような人生になるかもだけど。
産声をあげるという体験、この世にでるという体験、二人の子だという気持ちをあらためて届かす、
そういうことを与えてあげたいもんね。
うん。

あ、鳩の話は、ごしゃのやつは、
障害者につかったらいけない言葉だよね。
看護の本で読んだ記憶がある。
障害者はそれが普通であって、頑張っては失礼にあたると書かれてた記憶がある。

あと、ちょっと反発な文になっちゃってあれだけど
で、差別はなくなる!とシンは感じる
沢山あるからなくならないよねぇと思っちゃうけど、細かい差別は解決するんだから、
解決はするはず。
それから、身分差とかは差別・イジメとは、また違って考えの持ち方だよね。
ていうか、差別の定義によるけど。。。シンの考えずれた回答だったらごめん。
差別がなくなるのが一丸となって助け合える世の中なら可能だと思う。
シンの中では障害というものは、なにかしら少なからず誰でも持ってると思う。
だから、シンの中では差別がなくなる=助け合える世の中であって、
この人を手伝うからそれも差別だといわれると、・・・・・・。
差別の定義はシンはわからんから、シンなりの差別は絶対なくなるの答えだけ抜き出しといて。。。
身分差なども差別で、ある特定の人を助けるのも差別で
色々言葉とかそういう行動もなくせといわれたら確かに難しいかもだから。。。。

話変わるけど
助ける、手をかすってのは難しいよね。
やりすぎると、おっせかいになっちゃうし(笑)
でも、気持ちが大事だよね。そういった気持ちが広がれば世界は平和だ。
いぁ、平和は別問題か。。。。

なにが書きたいかわからなくなったので、おしまい。。
てか、雪さん恋してるのか!
と、どこかのコメントで読んだ。
2007-12-09 Sun 00:52 | URL | 見習猫シンΨ #ap6q.jK2[ 内容変更]

No.225
ところで、障害者の赤ちゃんの話だけど。
ずっと想像して考えてた。
産もう!

いぁ、別に雪さんと付き合ってるわけじゃないけど(笑

まぁ、もちろん母親の気持ちも汲まないといけないけどね。
もし、3日の命だったとしても、産もうと思う。その3日間で色々なことを赤ん坊に話聞かせてあげたいと思った。
ずっと寝たきりだったとしても、色々な話を聞かせてあげようと感じた。
それが伝わる伝わらないはわからないけど、一緒にいようと感じた。
きっと生活面ではいっぱいいっぱいになるだろうけど、子供と一緒に人生を過ごそうと感じた。お金のことは考えない。お金が全てじゃないし、なんとなかるさ。なんとなかならなくても、子供と最後まで生き抜いてみせるさ。そんな感じです。

うん。結論は産む。
産んで子供の姿をみたいになりました。

さて、こんなことを言ったけど。
ふと下世話な話すると
オナニー、セックスなどでいくつもの沢山の生命を殺してるシンは悪いやつに感じてきた。いあ、でも精子も時間たつと、外に出さなくても死んでしまうのか。
生命ってなんだろう。
んーん
赤ん坊は二人の結晶。それが一番大切な事実か。変なコメントになっちゃった(笑
2007-12-09 Sun 08:34 | URL | 見習猫シンΨ #ap6q.jK2[ 内容変更]

No.227 シンさんへ
わぁ~、すっごくきちんと考えてくださってありがとうございますw

この話は雪の学校の生命倫理の授業の議題なんですけど、やっぱり皆もはっきりとは答えを出せないようです。考えれば考えるほど、色んな考えが出てきちゃうみたいで^^;
産声をあげるということと、母親の胎内から外に出るってことは、どんな人でも経験していることですもんね。シンさんのコメントを読んでて、そこは平等なんだなぁ~と感じました。
雪も子供の問題は生みたいなぁと思ってます。母親としては、産んですぐに別れが来るなんて、こんな辛いことって無いですけど、それでも自分の子供にあってみたいんですよ^^
差別とか、いじめとか、そんな問題はゆっくり頑張っていけばいいかなと思っています。
口で言うほど簡単な話じゃないですけどね^^;

差別は無くなるというよりも、差別を差別だと感じなくなったら、無くなると言えるのかもしれません。イジメとか無視なんかの悪い意味ではなく、気を使いすぎることや、他の人よりもかまわれすぎて普通に扱ってもらえないことも差別だととられる節があります。それならば、全ての人がそうすることを当たり前とし、全ての人がそれを受けることを当たり前としたら、なくなるってことになるのかもしれません。
これを書いてて、中学の時の一枚の作文を思い出しました。「戦争」についての作文だったのですが、ほとんどの子が「戦争がなくなって平和な世の中になればいいと思います」って書いたそうなんです。先生はそれを読んで、「皆は無くなればいいと思うだけで、何かをしようと思った人はいなかった」って仰ったんですよ。その時、ハッとなりました。
雪の場合はですけど、無ければいい、平和になればいいと祈りながら、あくまでも他力本願なんですよ。これって何所か最初から諦めてるってことなのかなと思います。気持ちの問題だけでも、少しだけ個人個人で改めることができたら、差別も無くなっていくのかもしれませんね^^

精子というか、受精卵の問題なら、これもよく生命倫理の議題に出てくるみたいですよ。
ES細胞っていうどんな組織にでもなることができる万能細胞は、受精卵をつかって作られるんで、受精卵をヒトとするのかなんかは、問題になっているみたいです。
何所からがヒトだっていう線引きは難しいですし、その境界線がはっきりしちゃうことってすっごく怖いことなのかもしれません。
ES細胞を作る際には不妊治療に用いた受精卵の残りを使っているらしいんですけど、もし受精卵をヒトだとするんなら、子供が欲しくて不妊治療に来た人たちが見ず知らずのうちに自分の子供を殺しているということになっちゃいますし……

全部とっても難しい問題ですよね^^;
本当に答えがあるのかもわからないくらいです。
それにしても、長い倫理問題に付き合ってくださって本当にありがとうございますw
人の考え方を聞かせていただくことって、色んなことを考える参考になるんで凄くありがたいです^^

追伸(笑)
雪は恋してるっていうか、ちょっと気になる人が最近できたんですよ^^
久しぶりのドキドキに戸惑ってるって感じですi-278



2007-12-09 Sun 16:03 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

No.232
先生の話だけど
「皆は無くなればいいと思うだけで、何かをしようと思った人はいなかった」
まぁ、言いたいことはわかるけど。実行が一番大事だからね。
ただ、その言葉で考え付いた人はいるのだろうか? 先生はなにを実行していたのだろうか? (まぁ、先生は生徒に戦争は酷いというのを教えるといったらそれまでだけど)
シンは、思うんだけど。
(身近が戦争中なら、やること沢山あるけど)
やっぱり、戦争とかは、今は無くしたいと思うことが大事だと思う。意思の問題が大きい。
なぜ、ダメだとわかっててもやるかって言ったら、人間の脳は薄れるからだと思う。
毎日強く平和を願っていれば、悪い行動はとれない。
でも、片隅においあってあると、人間独特の「まぁ、いいか」「今日だけ」「誰もみてないし」などの感情、「有名人になりたい」「お金がほしいから」など欲望が優先されてしまうんだと思う。まぁ、もちろん他にも原因あるけど。

ただ、他力本願の内訳が、現在すぐ実行できること
イジメなどで
イジメを見ても誰かが助けるだろうとか、
あの子を苛めるのやめてほしいなぁとか願うだけだったらダメだけど。
戦争については……。難しいと思う。
いぁ、できないことはないんだろうけど、まず心の小さな改革が、無くしたいと思う心が大事なんじゃないかなぁ。。。
まぁ、シンの意見だけど。

てか、書いてて思い出したけど。
シンは昔、ある程度有名になって、心を幸せにできる物書き及び人々に色々なことを訴えかけることを書いていきたい。って思ってたことあったな。。。。
片隅に追いやられてたや……。
ありがとう。一つ目標が増えました。
でも、シンの思想は危険分子も混じってるけどね。(笑
2007-12-09 Sun 22:02 | URL | 見習猫シンΨ #ap6q.jK2[ 内容変更]

No.235 シンさんへ
先生曰く、昔の学生は反戦運動なんかをしてデモ行進とかを行なっていたのに、最近の学生は何もしない……云々が言いたかったらしいです^^;
戦争までいっちゃうと規模が大きすぎて、一個人として手をつけられないっていうのもありますけど、雪はやっぱり何もせずに終わっちゃいますi-229
平和を望むことって簡単そうで、凄く難しいなって思います。
雪が望む平和や幸せが他の人にとっての幸せとは限らないですしね。
皆が幸せになる方法って本当に神のみぞ知るって感じですよね。
唯、雪は人の考えに流されない生き方をすれば、悪いこともいろんなことも、大きくならなくてすむのかなって思ってます。
悪に流されないことって本当に難しいですけど。

いじめの問題は、明らかにどちらが悪いって分かってても、何故か解決しなかったりするそうです。先生なんかも結構見てみぬふりだったりとかが多いそうです。逆にイジメの証拠を揉み消しちゃったりとか……友達の学校では結構あったみたいです^^;
自分に明らかにリスクがある賭けにでるって本当に難しいですし、苛められてるから助けてとは言いにくいのかも知れませんけど、それでも誰か一人でもいてくれたら、苛められてる子も頑張れるのかも知れませんね。
何か論点がずれちゃいました……i-230

心を幸せにできる物書きですか~^^
文章を書くことで、その文章が誰かの目に触れて、見た人が幸せになってくれるのなら、それって、凄く素敵ですw
是非、頑張っていただきたいですi-278
危険分子には……目を瞑って(笑)
2007-12-10 Mon 18:13 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |