キーワード出現率
ブルームーン 喧嘩・変化・進化 -進化ver.-
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  500

喧嘩・変化・進化 -進化ver.-

この記事は喧嘩・変化・進化 -変化ver.-の続きです

「俺のこと本当に必要?」
たった一言尋ねられた言葉は、どんな暴言よりも私の胸をえぐった。
ほんの少し焦ってほしかった。私がいつまでも待っている訳ではないということに。
3年前告白をした時、まだ彼と付き合える状況になくて、「落ち着くまで待ってます」そう言ったのは自分だった。
そこから付き合い始めても尚、私は彼を待ち続けていた。時間が出来れば出来るほど待っている時間も増えて行く。
「じゃあ、終わったら迎えに行きます」告白の返事にそう言ったのは彼だった。
迎えに来るって言ったくせに……。待ちぼうけをくらうたびにそう思った。
嘘つき。。。
追いかけてきてくれないから、同級生君でほんの少し寂しさを満たした。
いいじゃん、別に。浮気した訳でもないんだから。心が浮つくくらい。あなたは追いかけてきてくれないんだから。。。
幾つもの言い訳が心の中を通り過ぎるが、どれ一つ声にならない。
もしここで私が「必要ない」と答えたら彼は何処かへ行くのだろうか。それを考えるとぞっとした。また、同時に苛立ちが走った。
これほどまでに3年間尽くしてきた女をなんだと思ってるのだと。
必要じゃなければ、毎週末疲れている身体を起こして部屋の掃除なんてするもんか。節約中に凝った料理なんて作るもんか。会いになんて行くもんか。
あの一言は、それが何一つ伝わってなかったことを私につきつけたのだった。
そうなるともう止まらなかった。泣きながら、彼にクッションを叩きつける。
「必要かどうか相手に決めさせるってことは、あなたにとって必要無いってことでしょ! 今までうちがどんな気持ちでいたかわかる? 何一つ伝わってないと思ったら悔しいわ!」
とまぁ、こんな感じのことを関西弁で伝えた気がする。
最悪だ。言った後で自分でそう思った。多分、耐えてた。ずっと、ずっと。
だって、耐えていても幸せだったから。彼さえいればいいとすら思っていたから。
ほんの少し我慢したってお釣りがくるくらい幸せだった。だから、この関係を崩したくなかったし、我がままを言って無理だってさせたくなかった。
それなのに……。
先に限界を迎えたのが彼だったから、だからタガが外れた。
私だって我慢してんのに、何で私だけ! どうして! つい、そう言いたくなった。
多分、お互い自分が我慢すればいいと思ってた。だから、ずっと黙っていたのだ。
ほんの少し、同級生君を使って試すようなふりをしたから、不安は不安定に変わった。
そして、不安定な関係はついに崩れる……嫌だ、絶対に。
「こっち見て! ちゃんと! 目そらさないで! ってか下向くな!」
傍から見たら苛めているように見えるかも知れないが、逆を向いていた彼の顔を無理やりこちらへ向ける。
「ちょっ、痛いって」と情けない声が聞こえてくるが無視。物理的なダメージは心理的なダメージに比べたら微々たるものだろうと勝手に推測する。
無言で抱きつく。何を言えばいいのか分からなかった。
彼も私も「相手から必要とされているのか」に悩んでいたのかもしれない。自分ばっかり追いかけているような気がして寂しかった。でも……必要とされてるから一緒にいる訳じゃない!
「いるもん!彼氏君、必要だもん!絶対離れないもん!」
そう言ってさっきよりももっと抱きつく。
なんか悔しいが、大事なものを見失うよりはよっぽどいい。
「……分かってるから。俺だって離れる気なんてないから」
背中にまわってる腕に力が入ったのが嬉しくて、調子に乗って腕を抜けて膝に寝転がる。
腰に抱きつくと、私より絶対的に細いであろうウエストに出会ってムカつく。それでも、3年間慣れ親しんだ体温や、洗剤の匂いに落ち着く。
いつからだっただろう。抱きつくとドキドキの中に安心が生まれたのは。他の男性からは決して得られない感情を3年間で築き上げてきたのだ。
「……好き……大好き……愛してる」
目を瞑りながら呟く。彼からも返事をもらう。喉を猫みたいに撫ぜられて、すりすりと頬をこすりつけてみた。
「猫みたい」
彼が笑いながらそう言う。猫好きの君の為に、若干意識してますから。とはさすがに言わず、無言でにっと笑ってやった。
溜まってるものをお互い出したから、後はほんの少しずつ、相手が好きな自分だけじゃなくて、相手が嫌いな自分も意識していく付き合いをしよう。
すぐには無理だけど、同級生君の話もそのうち止めるからさ。
だからせめて次のデートは時間通り来てね。
そう思いながら、再び目を閉じた。

喧嘩・変化・進化 ・完



スポンサーサイト

別窓 | エッセイ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<女のか弱さ | ブルームーン | 喧嘩・変化・進化 -変化ver.->>

この記事のコメント

No.1532
最終的にごちそうさまw

どこもそーゆー時期があるのね。今うちもそんな感じ←
だから不倫しようかと思いますw
2011-10-18 Tue 19:39 | URL | あぁや #-[ 内容変更]

No.1533 あぁやへ
そーゆー時期というか、やりすぎたというか……まぁ、うちが悪いんだけどね。
今は普通に仲良しですw

うちはあぁやが相手を大好き! と言ってるのを見たことが無いんですが……^^;

「不倫をするなら誰にも言わず、一人で耐えしのばなきゃいけない」とうちの尊敬する先輩に言われたなぁー。
うちには無理だろうなぁー。だって喧嘩しただけでブログ書きたくるような女ですから(笑)

いばらの道を進んだら、進み終わって泥沼抜けた辺りでお話聞かせてください。
小説のネタにします(笑)
2011-10-18 Tue 23:39 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。