キーワード出現率
ブルームーン 写し絵
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  535

写し絵

とある男性に告白(?)された。
唯、おつきあいとかそういうことではないらしい。
私が特別な存在で、私に対して胸を張れる人間で居たいとそう思ってくれているそうだ。
そんなにすごい人間でないので、申し訳なさしかないが、ありがたいお気持ちではある。
自分の信念で『付き合っていない男性の部屋には上がらない、自分の部屋にもあげない、密室では二人っきりにならない』というものがあるのだが、流されて部屋に上がってしまった自分をグーで殴りたい。
勿論、何かあったわけではないが、付き合う気もないのに、そういうことができる自分は大分混乱しているらしいということだけはよくわかった。
その彼の部屋で、3年以上前に雪があげたプレゼント(台所用品)がすごくきれいにおいてあるのが目についた。
大切にしてくれているのか、それとも使わずに飾ってあるのかは微妙なところだが、すごく申し訳ない気分になった。
料理をうまくなりたいという彼の言葉に義理であげたようなプレゼントだったから。
唯、その姿に重なったのは元彼を想っている自分だった。
本当に意味のない紙切れだって、好きじゃない食べ物だって、趣味じゃないネックレスだって、すべて大切だった。
壊れても捨てれずに毎日磨いて修理して使っていた。
ものが大切なのではなく、その先にある人が大切だった。
一途につくすということは、気持ちがなくなった相手にとってすごく負担だったのかもしれない。
負担を負担と言わずにあの人はいつも受け取ってくれていた。
多分、すごく重い女だったけど、それでいいといってくれていた。
自分はそういう相手を傷つけたのだろうと、今回の一件で思った。
正直、その負担をダメになるまで受け取るあの人と、受け取ろうともしない自分のどちらが正しいのかは分からないが、3年以上も好きでいさせてくれてありがとうとそう思えた。
お付き合いを望まれたわけではないが、先がないことをきちんと伝えておこう。
自分にとってすごくしんどいし、相手にとっても意味のないことかもしれないが、誠実には誠実で返せるそんな人間でありたい。
逃げることより、向き合うことを。
向き合ってダメになる関係は、多分向き合わなくてもダメになる。
だったらせめて、悔いの残らぬ形を取ろうと思う。
次の恋へ胸を張って進めるように。

スポンサーサイト

別窓 | 小噺 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<恋のはじめ方 | ブルームーン | 学位記授与しました>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。