キーワード出現率
ブルームーン 居場所を探して 5
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No  57

居場所を探して 5

この記事は「居場所を探して    」の続きになります。 


隠れる場所もほとんど無いような場所で、終電もなくなるような時間にうろつく中学生の前に現れたのは、一人のお巡りさん。
あまりに出来すぎたシュチュエーションだと、今の私なら笑うだろう。
仕方が無いので、丁度影になっている木の下に座り込み、お巡りさんが通り過ぎるのを待った。
そんな時だ。暗闇から誰かが私の手を掴んだのは。
その手は私を道の真ん中へと引っ張り出した。
驚いてその手の正体を見ると、それはどこにでもいるような少し太り気味のおばさんで、私は、「あぁ、怪しいからお巡りさんにでも突き出そうとしてるのか」と自分のことながら冷静に考えていた。
するとそのおばさんは、向かってくるお巡りさんに会釈をして、
「お疲れ!」
と言いながら私の手を引っぱって行った。
お巡りさんはまるでドラマの世界のように、帽子を少しあげて会釈をすると、いってしまった。
はて? と首を傾げる。
今、私の手を握っているおばさんは何者なのだろう。
というより、何がしたいのだろう。
唯、繋がれた手に不安を感じ、その時途轍もなく家に帰りたくなった。
私がよほど酷い顔をしていたのか、おばさんは、
「そんな怖がりなや。あんた家出してきたんやろ?」
と言った。
私は驚いておばさんを見た。
「当たりやな。あんた、泊まるとこあるん?」
おばさんは私の返事を待たずそう決め付けると(実際は当たっているのだが)、そう尋ねてきた。
私は無言で首を振った。元より少し、人見知りの雪である。初対面の人にそんなににこやかに話すことなんて出来ない。
「うち泊めたるわ」
おばさんはそれだけ言うと、私の手を離そうとはせず、ずんずんと歩き始めた。
三十分程度歩いたところで、目の前に田んぼがある小さな家についた。
小さいながらに一軒家で、何だか懐かしい気がした。
「台風がきたらとびそうやろ」
おばさんはそう言って笑うと、私を中へ招き入れる。如何やら家の鍵はかけていなかったようだ。
おばさんが「ただいま!」と勢いのいい声で中に向かって声をかけると、中からは「あー」やら「ういー」やらと聞こえた。
娘さん? と首を傾げておばさんを見ると、見たら分かるとでも言うように顎で一つの部屋を示された。
その部屋には凄い髪の毛の色をした女の子が三人ほど座っていた。
驚いて、思わず「わっ!」と声をあげた。おばさんはそんな私を見て笑いながら、
「びっくりしたやろ?」
と悪戯の成功した子供のように言った。
「この子らもあんたと一緒。家出したきよったんや」
おばさんはそれだけ言うと、私の顔を見て、
「あんたは帰るところのある子やな。まぁ、座り」
と言った。
私は意味が分からなかったが、とりあえず他の人に軽く頭を下げると、部屋の端っこに座らせてもらった。
正直失礼な話であるが、目の前にいる人たちとこのおばさんを信用することは出来ず、心臓はバクバクとしていた。
変なところに売り飛ばされやしないか(買う人がいるかは謎だが)、急に発狂して刃物で刺されたり、謎の薬を鞄に入れられたりしないかと不安になった。
明らかにテレビの見すぎなのだが、実際何が起こっても仕方がない世の中であることは中学生の餓鬼なりに理解していた。


「居場所を探して 6」へ続く。


スポンサーサイト




別窓 | エッセイ | コメント:7 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<居場所を探して 6 | ブルームーン | 居場所を探して 4>>

この記事のコメント

No.123 はじめまして。m(__)m
居場所を探して  
一気に読ませていただきました(>_<)

自分の学生時代をいろいろと思い出します。
と言っても、実は私、あまり中学の頃の記憶が無いんです(^_^;)
記憶喪失とか言うんじゃないですよ。
おそらく良い思い出がないので、心が消しちゃってるんだと思います。

居場所探しも今に繋がる大事だったのでしょうね。
幼馴染さんとお母様 素敵です"^_^"

またお邪魔します。(*^^*)
2007-11-12 Mon 01:35 | URL | 真琴 #-[ 内容変更]

No.124
全部読みました!
コメントありがとうございますの、お礼に参ったところ
何だか考えさせられる文章に逢えました
とっても続きが楽しみで・・・

長い文章書けませんゴメンナサイ!←
また来ますです
2007-11-12 Mon 10:01 | URL | 室井かをる #ACb7iiP.[ 内容変更]

真琴さんへ
初めまして!!
長い文章読んでいただきどうもありがとうございますw

雪も実を言うと中学生時代のことはあまり鮮明に覚えていません。
自分にとって嫌な事が多すぎたんだと思います。^^;
唯、そんな中で、自分が起こしたたった一回の家出で凄く学ぶことが多かったなと、大学に入った今でもそう思います。
今いる場所を飛び出して、初めて今までの自分の恵まれた状況が見えた気がします。

母や幼馴染君には本当に感謝してますw
恥ずかしいんで、絶対口に出しては言いませんけどねi-278

室井かをるさんへ
かをるさんのブログを読ませて頂いたことが、この出来事をきちんと思い返すきっかけになりましたw
ありがとうございます^^
この頃の自分を思い出して、中学生の荒れてた時だからこそこんなことが出来たんだな、と思いました。
雪の場合、この出来事がきっかけで真面目に悩んでるのが馬鹿らしくなっちゃったんですよねi-229
いい意味でネジが一本飛んじゃったのかも知れませんi-278
2007-11-12 Mon 17:00 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

No.126
学生時代 歩道されたことないけど
21で 歩道されかけた事をおもいだしました><;
2007-11-12 Mon 17:24 | URL | ヨヨ子 #-[ 内容変更]

No.127 ヨヨ子さんへ
雪も何とか補導歴はゼロで済んでいます^^;
自転車の二人乗りで何度か捕まりかけたことも……(コレッ!)
21歳で補導!!
きっとヨヨ子さん若く見えたんでしょうね^^;
雪も高三の時に小学生と間違えられたという記録を持っていますよ~(笑)i-229
2007-11-12 Mon 17:58 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

No.267
凄いな。なんかw
家出少女?が集まってるってのも凄いなw
そして、そういう人に偶然出会えたってところも。
てか、コメントも凄いなwww
高3の時に小学生って(笑
背が小さいのかなぁ。
2007-12-23 Sun 13:22 | URL | 見習猫シンΨ #ap6q.jK2[ 内容変更]

No.271 シンさんへ
この一日は本当に色んな偶然が重なった気がします^^;
唯、今考えると何事もなく帰ってきた雪は本当に運がよかったんだろうと思います。
自分を不幸だって思いこんで家出したわりに、結局雪って人運に恵まれてるんだろうなぁと再認識いたしました(笑)
身長は160くらいあるんで、低い方じゃないんですけど、童顔で^^;
最近は小学生が大人っぽい所為もあり、普通に間違えられてしまいました……
2007-12-24 Mon 01:18 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |