キーワード出現率
ブルームーン 居場所を探して 7
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No  60

居場所を探して 7

この記事は「居場所を探して      」の続きになります。


畳みにごろんと寝転んで、天井を見つめた。
体は疲れているはずなのに眠ることは出来ず、唯ぼんやりとしていた。
よく考えれば、親とは別にどこかに泊まることなんて、学校の修学旅行をはぶけば初めてのことだった。
見知らぬ天井は何だかとても恐怖を誘って、意味もなく自分の携帯電話を握り締めた。
結局あの日は一睡もすることはなかった。
徹夜をしたのは初めてで、体のなんとも言えないだるさを今でも覚えてる。
「寝られへんかったんやろ」
早く家に帰ろうと焦っている雪を見て、おばさんは面白そうにそう言った。
雪は曖昧な返事を返して、元通り財布と携帯だけが入った鞄を持って、玄関へと向かった。
「何で泊めてくれたんですか?」
雪は一番気になっていたことを帰り際に尋ねた。
「ん? 気まぐれかな」
おばさんはニヤリと笑ってそう言った。
「また、逃げてきてもいいですか?」
あれだけこの場所を、このおばさんを疑っていたくせに何故かすんなりとその言葉が出た。
「あかんで。ここは狭いからなー。帰る家がある子はそこにおり。ここは帰る家がない子が集まる場所やから」
おばさんのこの言葉だけは今でも鮮明に覚えてる。帰る場所があるということが如何いうことなのか、この一晩でなんとなく分かった気がする。
このおばさんの言葉で無性に家に帰りたくなった。
「お世話になりました」
雪は頭を下げて駅への方向を教えてもらい、歩き始めた。
ほとんど一本道で、昨日手を引かれて暗闇の中歩いてきた道がこんな道だったのかとなんとなく感心した。
朝の空気は冷たかったが、空は綺麗に晴れていて、足取りも軽くなった。
しかし、雪は暫く歩いて気がついた。
自分がかなりの方向音痴であることを。
おばさんの話では、三十分も歩けばJRの駅があると言っていたのだが、気がつけば明らかに一時間以上歩いていた。
もう、人気のない田んぼ道で泣きたくなった。
あーあっと何もないので地べたに座り込む。
眠っていないので、身体がだるく、足も久々に長時間歩いた為重い。
ちょっと前まで晴れている空を見て気分が晴れていたのだが、その時はむしろ晴れていることが腹立たしかった。
歩かなければ帰れないということは分かっているのだが、一度座り込んでしまった為動けなかった。
何分くらい経ったのか分からなかったが、ふと気がつけば耳障りなバイクの音が聞こえた。
音の方向を見ると、五台程度のバイクが並んで、場違いな田んぼ道を走っていた。
暴走族か? と思い見ていると、バイクがドンドンと雪の方に近づいてきた。
逃げよう! と思い立ったのはいいが、どちらに走ればいいか分からないで迷っている間についには囲まれてしまった。
いっそ田んぼに飛び込もうかなんて田んぼの持ち主に迷惑な考えを持っていると、一番先頭を走っていた男の子が雪を見て、
「何してんの?」
と尋ねてきた。
道に迷って動けないことと、駅に行きたいことを混乱する頭とたどたどしい文章で伝えると、その男の子は、
「その駅逆方向やで? アホやな。連れてったるわ、乗り!」
とバイクの後ろへ乗せてくれた。
一晩知らない人の家に泊めてもらって、頭のねじが飛んでいたのか、なんのためらいもなくバイクの後ろに乗せてもらった。
警戒心というやつは、あまり長く続かないものらしい。雪に限ってのことかもしれないが。
以前に「自分の力量」という記事で、雪の命を救ってくれた少年として書いていたのはこの男の子である。
駅について、「じゃあ」と帰ってしまいそうになった男の子を引き止めてお礼がしたいと伝えた。
彼は少し悩んだあげく、パソコンのメールアドレスを渡してくれた。
後にも先にも、雪が知らない人のメールアドレスをもらったのはこの時だけだった。
ありがとうの言葉を何度か伝えて、財布に残っていた千円札で大阪駅までの切符を買った。
電車に乗り込むと、疲れがどっと襲ってきた。
朝早くに出たはずなのに、電車の中にはスーツを着たサラリーマンの姿が見えた。
席はないので壁にもたれて目を閉じてると、色んなことを思い出して笑い出したくなった。
本当に私は何をしているのだろう。


「居場所を探して ラスト」へ続く!

スポンサーサイト




別窓 | エッセイ | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ダイブ! | ブルームーン | 快晴>>

この記事のコメント

No.134
Vガンダムで シュラク隊のおねえさんがゆってた><
帰る家があるから 私達はたたかうんだって!
2007-11-15 Thu 08:26 | URL | ヨヨ子 #-[ 内容変更]

No.136 ヨヨ子さんへ
雪はガンダム知らないんですけど、確かに戻りたい場所があるから強くなれるんでしょうね^^
居場所がないなんていって家出して、何処かへ行ってしまおうとか思ったんですけど、それっていつ戻っても家がそこにあるって分かってるからできるんですよね。
この時も大阪についたとたん、意味もなく泣きそうになりました^^;
2007-11-15 Thu 19:48 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

No.268
てか、よく考えたら、中学生で携帯もってるのか……。
時代だなぁ。。
2007-12-23 Sun 13:29 | URL | 見習猫シンΨ #ap6q.jK2[ 内容変更]

No.272 シンさんへ
丁度買ってもらったばかりの時だったと思いますw
今と違って二つ折りの形ですらなく、本当に携帯の絵文字(こんなやつ→i-75)みたいな形でした^^;
今は小学生でも普通に携帯電話を持ってるみたいですよ~
2007-12-24 Mon 01:21 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |