キーワード出現率
ブルームーン kiss-手の上に尊敬のキスを-
FC2ブログ

ブルームーン

ここでは小米雪の普段の生活で気になるお話をエッセイ形式で書き記していきますw
No  75

kiss-手の上に尊敬のキスを-

最近、色んなサイトさんで自作小説が書かれているのをよく見るため、それにあやかり雪もいっちょ書いてやろうじゃないか! というノリで書き始めた小説です。(コラッ!)
興味とお暇がおありの皆様、もし宜しければ覗いていってくれると嬉しいですw
一応連載形式で続けようと思うのですが、無茶なファンタジーという分野に挑戦してみようと考えている為、更新は不定期だろうと思います。
それでも付き合ってくださる心優しいお方がいらっしゃるのでしたら……追記の方へどうぞ!

『kiss―手の上に尊敬のキスを―』

姫、そろそろ時間です」
 姫の側近であるホルガーが言った。
「ねぇ……」
 詰まらなさそうな声を出す姫に、ホルガーはいつものようにピンッとした姿勢を崩さずに、
「はい」
 と返事をした。
「退屈よ」
 姫は吐き捨てるようにそう言うと、明るい光が差し込む窓辺にたった。
「退屈なのは分かりますが、このパーティには参加していただかないと困ります。なんせこれは――」
「姫様の婚約者を探す為に開かれているのですから……でしょ? もう聞き飽きたわ」
 姫はわざと大きなため息をついた。それを見たホルガーは少し目を伏せて、
「ですが……」
 と声を詰まらせた。
「分かってるわ。何もあなたを困らせるつもりじゃないのよ。そうね、唯……」
「唯?」
「いえ、何でもないわ。ねぇ、あなたは私に婚約者が見つかると嬉しいのかしら?」
 姫は自分よりも頭二つ分高いホルガーの顔を見上げながら首を傾げて尋ねた。
 ホルガーはその仕草に照れたのか、少し顔を赤くして、
「私の使命はこの国を繁栄させることであると、王様より仰せつかっております」
 と言った。
 その回答が不満だったのか姫は、
「そう……」
 とだけ言って、この部屋の扉へと足を進めた。
 急に動き出した姫に焦ったのかホルダーは慌てて扉を開いた。
 ――そんな答えが聞きたかったんじゃないって何で分からないのかしら。
 姫はもう一度ため息を吐くと、姿勢を正した。 国民の前に出るに相応しい姫であるために。

 ここは“the beauties of nature”すなわち日本語で花鳥風月と呼ばれているほど、自然と平和に溢れる国『アルデバラン』。この国で唯一の姫である、スバル。彼女の髪はいとも珍しいオレンジ色をしていた。この国の国民がいろんな国の血が混ざっているとはいえ、彼女のようなオレンジはあまり見られなかった。

 顔つきは、ピンと通った鼻筋と丸く零れ落ちそうな大きな目が印象的だった。

 容姿だけを見るならば、姫という点を除いても大変魅力的な女性であるだろう。

 さて、話は変わって、ここは姫の婚約者を探すべく行なわれているパーティ会場である。   

 このパーティは実をいうと今回で六回目を向かえる。

 名目上はよりよい婚約者を探す為、と言われているが、実際は……いや、止めておこう。 

 それよりも、このパーティの様子を見ていただけば一目瞭然だ。

 

「おお、姫様今日も大変麗しく……」

 一人の男が姫の前に膝をついた。

 男は手の甲に口付けをしようと顔を近づけ……バチーンッ!

「触らないで! ホルガーこのお方にお帰りを!」
 姫の手の甲まであと数センチというところで姫の張り手が飛んだ。

「ハッ」

 ホルガーは申し訳なさそうに、呆気にとられている男を担ぐと外へと通じる扉まで運んだ。

 会場に来ている何人かの男達はいつものことだと、曖昧な笑みを浮かべた。

 そう、彼らもまた今の男と同じ運命を辿ったのだ。

 姫、スバルは十六になるこの歳まで、蝶よ花よと育てられ、また王の「変な虫がつかないように」という計らいのもと、男という男は父親と側近であるホルガーしか身近にいないという状況で育ったのだ。

 そうして招いた悲劇(?)はスバルを完全な男嫌いへと発展させていた。

 これでも幾分かはましになった方なのである。第一回目のパーティでは手の甲に口付けをしようと手を握った直後に張り手が炸裂した。

 スバル自身これではいけないと、努力した結果、手で触られることは何とか耐えられるようになったのだが、男の唇が自分の手の甲ないし体に触れると思っただけでも身の毛のよだつ気分なのである。

「姫様、お気持ちは分かりますが、このままでは……」

 ホルガーは扉の方から戻ってきて姫の横に立つと、そう言いつつため息を吐いた。

「煩いわよ、ホルガー。私だって努力はしているもの。それでも如何しても気分が悪いの……」

 さすがに罰が悪かったのか、姫は目を伏せると急に立ち上がり、会場を出て行ってしまった。

「あらあら、あなた。スバルったら出て行ってしまったわよ?」

 スバルの母、王妃であるコルはのんびりとした声を出して、隣りに座る王タウリを見た。

「またか……。うむ、第七回目のパーティが必要なようだ」

 タウリもまたのんびりとした様子でそんなことを述べた。

 この二人、実はちっとも娘の婚約者について心配していなかったりする。というよりは、娘の男嫌いも、困ったなあいつの照れ屋は位に思っているのである。

 この二人の大らか過ぎる性格の所為か、スバルも何所か楽天的な節は多いのだ。

 しかし、今回ばかりは如何にもならず人生初の壁にぶつかったというところであろう。

 

「キス―手の上に尊敬のキスを―」2へ続く。

スポンサーサイト



別窓 | 小説-kiss-(未完) | コメント:11 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<学ランと私 5 | ブルームーン | 学ランと私 4>>

この記事のコメント

No.183 コメントしますが・・・
男嫌いといいますか・・・
好きになった男以外は絶対にイヤみたいなのとは違うのかなぁ~?。
全般的には、男性が嫌いなんだけれど、唯一好きになった男性に対しては・・・もう、それはなにがあろうと全部受け入れちゃうの。ほかの男性は半径1m以内にはきちゃイヤッとかね、思っていてもね。
この姫様も、このひとっ!っていうお相手が見つかると・・・変るのよ~~~
そりゃ、もう~メロメロになったりしてね。
とにかく男性が好きっていう女性がいる反面、ただ一人の人を好きになったら一途に愛しちゃうっていうのがあるのよ。
・・・おっと!ピントがずれたコメント書いてしまったわ^^
ホルガーのことが好きなんじゃないの・・・このお姫さま。

おじゃましました。
ではまたね。
2007-11-26 Mon 23:47 | URL | チェルシー #wnVGP2ss[ 内容変更]

No.184 チェルシーさんへ
男嫌いでも色々あるみたいですよー
雪も若干その節はあるんですけど、友達としてつるむ分には大丈夫なんですよ^^;
ひどい人になってくると、一緒にいるのも嫌とかもあるらしいですけどね。

>この姫様も、このひとっ!っていうお相手が見つかると・・・変るのよ~~~

恋は人を変えますからね~(笑)

スバルとホルガーの関係はちょっとずつ楽しみながら動かしていこうかと(ニヤリ)
ではでは、コメントどうもありがとうございましたw
2007-11-27 Tue 00:11 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

No.185
小説ですか^^
マルチな才能の一部分をまた
知ることが出来ますね^^
また遊びにくる楽しみが増えましたよ♪

自他共に認める「女好き」の
whisper_stars(爆)
うそです^^;自分ではそうでもないと
思ってます ヾ(゚Д゚ )ォィォィ
まあそんな(どんな?)俺でも
一緒にいるのも嫌って相手は
確かにいそうな気もします^^;

小説の感想書きなさい!って
怒られますねΣ(ノд`。)タハァ
2007-11-27 Tue 00:44 | URL | whisper_stars #JalddpaA[ 内容変更]

No.186
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
2007-11-27 Tue 14:51 | URL | みんな の プロフィール #-[ 内容変更]

No.187
ファンタジーですかi-189
これはまたとんだお姫様ですね。笑
スバルっていう名前がステキi-176
雪さんの文章好きなのでどんなお話になるのか楽しみです~(´∀`)
2007-11-27 Tue 18:16 | URL | ヒカル #-[ 内容変更]

whisper_starsさんへ
雪は元々小説書くの結構好きなんですよ~^^
whisper_starsさんは女好きですか~(笑)
だから女性の気持ちが的確に捉えられてるんですねーi-278
男が如何とか女が如何の前に本人同士の相性もありますしねi-229

ヒカルさんヘ
ファンタジーは初めてでどうなっていくのやら……(コラッ)
人名なんかをつけるのが難しくって^^;
スバル気にいっていただけたなら何よりですw
雪の文章好きっていっていただいて、嬉しいです^^
頑張って書きますね!
雪もヒカルさんの小説楽しみにしてますw

2007-11-27 Tue 21:52 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

No.191
連載ですかw
雪ちゃんは連載むいてそうですね♪
2007-11-28 Wed 01:02 | URL | ヨヨ子 #-[ 内容変更]

ツンデレ!素晴らしいですねvv

美人でツンデレv女の子なのに男の子っぽい名前と言うのもとてもよいと思いますv

ホルガーさんが可愛いですv続き楽しみにしていますvv
2007-11-28 Wed 01:17 | URL | キマグレパンダ #1J2Bl42w[ 内容変更]

No.196
ヨヨ子さんへ
短編みたいに区切りながらちょいちょい続けていこうと思ってるんですけど、どうなることやら……
しかもファンタジーは初めてなんで、如何しようか全く決っておりませんi-229

キマグレパンダさんへ
ツンデレですかね?
名前は星の名前なんかからとってるんですよ~ファンタジーは初めてで名前の付け方が難しくって……^^;
ホルガー気にいっていただけたようでw
続き頑張って書きますね
2007-11-28 Wed 21:23 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

No.561
やりまいたね!女性は一度は恋愛小説に憧れが有りそうです。王女の
スバルは牡牛座の6個の星の名前で強く官能的で白か黒のはっきりした性格の女かも。
ホルガーとどうなるかが楽しみです。ある予感もします?関係なく奔放に展開されることを期待します。楽しみにしています。
根気が必要ですから頑張ってください。!
2008-03-08 Sat 13:00 | URL | 荒野鷹虎 #-[ 内容変更]

No.562 荒野鷹虎さんへ
そうですね~確かに雪も恋愛小説に憧れた時期がありました。あっいえ、未だに憧れておりますw
登場人物の名前は思い付きというところも多いのですが、スバルやその他何名かについては星の名前から取ったものも多いですw
荒野鷹虎さんの予感を裏切れるように頑張ります^^
2008-03-08 Sat 21:14 | URL | 小米雪 #2zzHlsOw[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ブルームーン |